トリオーラのパン

b0120269_7185624.jpg

写真はトリオーラという小さな村の名物のパン。
どこにでもありそうなハード系のパンにも見えますが、普通のパンとちょっと違うのは小麦粉の種類なのです。

イタリアの小麦粉は日本のように薄力粉、中力粉、強力粉と区別されているのではなく、小麦粉の精製度によって種類が分かれ、精製度の高いものから順に、00番、0番、1番、2番、全粒粉となります。
一般的に使われているのは00番、0番、全粒粉。
それぞれ好みにもよると思いますが、お菓子やパスタなど比較的なんにでも使えるのは00番、パンなどには0番を使うのが良いとされています。
1番と2番の小麦粉は、普通のスーパーマーケットでは売っていないところが多いので、よほど粉にこだわりのある人くらいしか買わないのではないかな~と思います。

さて、このトリオーラのパンに使われている小麦粉は、こだわり派の1番。
精製されすぎていないので色が白ではなく少し茶色みがかっています。食べて噛みしめるごとに、じわっと味わいがでてくるパン。
発酵に一晩かけたり、生地を休ませるのにも時間をかけるため、できあがるまで、けっこう手間暇がかかるようです。
小麦ふすまを敷き詰めた天板の上にのせて焼くので、ふすまの香ばしい味わいもプラスされているのもこのパンならではの特徴。
b0120269_7205019.jpg

リグーリアの甘味のあるオリーブオイルを使ったお料理ととてもよく合います。
いつもながら...食べすぎに注意が必要です。(汗)



ランキングに参加中
応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

どうもありがとう!
[PR]
by olivolivo | 2014-12-04 07:29 | リグーリア名物