人気ブログランキング |

あんこうのオーブン焼き

b0120269_21222243.jpg

クリスマスの食事のために用意したアンコウ。どう料理しようか、あれこれネットで調べてみたけれど、さすがにアンコウ3kgを使ったレシピなんて見つからず(笑)、結局どんな食材や調味料がアンコウに合うのかだけをチェックし、パパといろいろ考えた末、アンコウ丸ごとをじゃがいもと一緒にオーブンで焼くことにしました。

新鮮なお魚はシンプルな味付けが一番。でもクリスマスという特別な日のお料理だし、こんなに立派なアンコウなのだから、切り身にしてしまうのはもったいない・・・というわけで、迫力ある姿を皆さんにお披露目。
地元らしさを出すために、リグーリアのオリーブとオリーブオイルに脇役として働いてもらいました。

【あんこうのオーブン焼き】
◆材料◆(10人分)
アンコウ1尾(皮と肝以外の内臓を取り除いたもの)約3kg、じゃがいも8個、
EXVオリーブオイル 適量、タッジャスカの黒オリーブ(種を取り除いたもの)適量、
乾燥タイム 少々、塩 少々、こしょう 少々

◆作り方◆
①じゃがいもは皮をむき、5mm程度の厚さに切り、軽く塩とオリーブオイルをまぶす。
②アンコウは体全体とおなかの中の肝にしっかり塩をふる。
③天板にオリーブオイルを軽く塗り、じゃがいもを敷き詰め、真ん中にアンコウを置き、
 背骨の両脇に切り込みを入れたら、全体にほんの少しこしょうをふりかける。
④両側の余ったスペースにもじゃがいもを乗せ、全体にオリーブを散らす。最後に
 タイムを軽くふりかける。
⑤180℃に温めたオーブンに入れて1時間焼く。(焼き始めてから30分ほどして
 じゃがいもが色づいてきたら、アルミホイルをかぶせてさらに30分焼く。)

焼く前はこんな感じ↓
b0120269_21232951.jpg

小骨がないので取り分けるのも簡単だし食べやすい。オリーブとの相性もバッチリでした。
お腹の中に隠れた白い肝は焼くときれいなオレンジ色に変身。
すでにセコンドの時点では誰もが満腹状態。「肝が美味しいから食べて」と皆に勧めても「もうお腹いっぱいだからいらない」と返される。それでも小さな破片を切り分けて強引に味見させてみました。食べた人の反応は・・・
「こんなに美味しいなんて!食べなかったら後悔するところだったよ」と、みんなアンキモの美味さに驚愕。だから言ったでしょ~(笑)
アンコウ自体を食べたことない親戚も結構いたので、セコンドのお魚にアンコウ選んだことは正解でした。

イタリア全国の市場のアンコウのお値段を調べてみたのですが、南イタリアのほうが北よりもお安いようです。南伊の海ではたくさん獲れるのかもしれませんね。こちらでももう少し安かったら普段の食卓にも頻繁に出せるんだけどなぁ。


ランキングに参加しています。
クリック↓して応援していただけると嬉しいです。どうぞよろしく♪
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ

どうもありがとう!
by olivolivo | 2011-12-28 22:00 | レシピ(セコンド)