カルネ・サラーダ

b0120269_323889.jpg

我が家の娘たちは、生魚はもちろんですが、生のお肉も大好き。
そんな娘たちのために、カルネ・サラーダを買ってきました。
カルネ・サラーダは、生の牛肉の赤身を塩、スパイス、ハーブで
3週間ほど漬け込んだもので、ハムのように薄切りにして食べます。
カルパッチョ用生肉とブレザオラの中間のような感じのお肉です。
b0120269_33381.jpg

うちの食べ方はシンプルに、オリーブオイルと、レモンをギューっと絞って。

ちょうど、パパのお客さんで、シチリア出身のレモン職人さんから
たくさんレモンをいただいたばかり。
b0120269_333087.jpg

どうです?立派でしょ?
このレモン、切ると種はなく、なんともきれいなお花のカタチ。

ところで、レモン職人のお仕事って、なんぞや?と気になって聞いてみたら、
まぁ、基本的にはレモンの木のお手入れで、剪定もろもろの仕事だそうですが、
驚いたのは、なんと、レモンの木をマルセイユ石鹸を使って洗ったりも
するそうですよ。
こうしてお手入れされたレモンの木には質の良いレモンが実るってわけね。
もちろんこのレモンは無農薬なので、砂糖漬けにオススメだと言われたのですが、
時間がなくて、結局そのまま食べてます。
マーマレードも作りたかったんですけどねぇ。時間が・・・ない。(涙)


ランキングに参加しています。
クリック↓して応援していただけると嬉しいです。どうぞよろしく♪
人気ブログランキングへ

どうもありがとう!
[PR]
by olivolivo | 2011-06-04 03:05 | レシピ(アンティパスト)