ペストとドライトマトのパスタ

b0120269_17583234.jpg

メルカートで美味しそうなポモドーリ・セッキ(ドライトマト)を見つけました。
量り売りのドライトマトは500gや1kg単位で売られることが多いけど
ここのお店はちょっと割高になるけど100gでもOKだったので、
オジさんに100gってどのくらいの量か?と聞いてみたら、
「少ないよ~」と言いながら、オジさんの手で一掴みの量でした。
でも、私にはそれくらいの量で十分、なんせうちではドライトマトを食べるのは
私だけですから。子供達とパパは嫌いだし・・・

実はパパには、あるドライトマトの思い出があったのでした。
幼い頃、夏にパパが父(ノンノ)の伯父さんの家に行くと、いつもドライトマトを
作っていたそうで、毎回たんまりドライトマトの料理を食べさせられたそうな。
それで嫌いになっちゃったのね。きっと。
まぁ、子どもにはあまりウケる味ではないような気もしますけどね・・・
うちの娘たちもトマトは生では大好きなのに、ドライとなるとダメですから。

そんなパパが食べさせられたドライトマト料理の中で、特に記憶に残っている
という伯父さんのパスタソースの作りかたを教えてもらいました。
めちゃくちゃ簡単に作れるし、これがなかなか美味しいのですよ。
私ひとりのお昼ゴハンメニューの仲間入りです。

【ドライトマトとペストのパスタ】
◆レシピ◆
材料(約2~3人分)
お好みのショートパスタ 2~3人分、ドライトマト 1個、
オイル漬けのアンチョビフィレ 2枚、ペスト 大さじ1、塩 適量
EXVオリーブオイル 大さじ2

◆作り方◆
①ドライトマトとアンチョビは細かいみじん切りにする。
②フライパンにオリーブオイル大さじ2と①のドライトマトとアンチョビを入れ
 火にかけ、さっと炒めたら火を止める。(炒めすぎないように)
③パスタを塩茹でして、アルデンテになったらお湯をきり、
 EXVオリーブオイル(分量外)を少したらして混ぜ合わせ、
 ペストと②を混ぜ合わせてできあがり。
b0120269_17591541.jpg

うちの種から育てているバジリコは、今年はやけに成長がおそいため、
収穫できるのはいつになることやら・・・
というわけで今は市販品のペストを使っています。
伯父さんは、ちゃんとモルタイオを使ってペストを作っていたみたいですどね。

すでにアンチョビに塩分があるので、味つけはなし。
b0120269_17594349.jpg

形が縦長のトマトちゃん。
ドライといってもガチガチに乾燥されたものではなく、適度に柔らかいので
お湯で戻さず、そのままみじん切りにして使いました。

ただいまドライトマト嫌いな家族にわからせないように、こっそり食べさせようと
企んでいるところ。017.gif 次はなにに使おうかな・・・


つくれぽです。どうもありがとう!
みかりんさん「海老とアスパラガスのリゾット」を作ってくれました。
 海老たっぷりのリゾットとってもおいしそう!最後にオリーブオイルを
 たらすのがミソですね。
◎momo_capricciさんが「黄パプリカソースのパスタ」「グリンピースのカルボナーラ」
 を作ってくれました。パプリカソースとっても気に入ってもらえて嬉しいです。
◎canさんが「塩チョコレートケーキ」を作ってくれました。
 リピートしてくれるほど気に入ってもらえたなんて感激です。
◎あおさんが「黄パプリカソースのパスタ」を作ってくれました。
 おいしくできて良かったです。ありがとうございました。


ランキングに参加しています。
クリック↓して応援していただけると嬉しいです。どうぞよろしく♪
人気ブログランキングへ

どうもありがとう!
[PR]
by olivolivo | 2011-05-26 18:17 | レシピ(プリモ)