カリフラワーのパスタ oishii

b0120269_043364.jpg

一昨日、夕食を済ませ、しばらくしたら、胃に激痛が。イタタタ・・・
胃だけは丈夫なこのワタクシが、こんな胃痛になるなんて・・・
夕食では、特にヘビーなものを食べたわけでもないのに、おかしい。
でも、よーく考えたら、食事のあとにパンドーロを食べたんだった。
うちの胃弱博士も「原因はパンドーロに違いない!」というので、
多分そうかもしれない。
結局、胃弱博士が時々服用している舐める胃薬をもらい、
私の胃の痛みは無事に治まりました。

イタリアではクリスマス、大晦日とたくさん食べる習慣があり(笑)、
私以外にもかなりの人の胃に負担がかかっているはず。 
と感じていたら、タイムリーにもそれに関する話題がテレビのニュースで
流れ、パネットーネやら、コテキーノやら、この時期の食材の
カロリーの数字が出てました。

ちなみにパンドーロは、1切れ400カロリーだそうです。(*ロ*;) ギョェ
400カロリーって、すごいよね。
食後に、ゴハン大盛り2杯追加~!みたいな感覚?(笑)


さてさて、年末に胃を痛めつけたこともあり、年明けからはすっかり
粗食イタリアンに戻っている我が家です。

基本的には、パスタビアンカと呼ばれるオイル系パスタに野菜が追加されるだけ。
野菜の量はたっぷりでね。超簡単なのに飽きない美味しさ。

b0120269_0443819.jpg

この間もらってきたカリフラワーがたくさんあるので、
今日のお昼はカリフラワー版のパスタになりました。

【カリフラワーのパスタ】
◆レシピ◆
材料(2人分)
パスタ 2人分、カリフラワー 200gくらい、にんにく 1片
赤唐辛子 1/2個(辛さはお好みで調節してください)、オリーブオイル 大さじ2
EXVオリーブオイル 少々 塩 適量

◆作り方◆
①パスタをアルデンテに塩茹でする。カリフラワーも別の鍋で塩茹でする。
②にんにくは薄皮をむき、縦半分に切る。赤唐辛子は中の種を取り除く。
③フライパンにオリーブオイルを入れて弱火にかけ、①のにんにくと
 赤唐辛子を入れて、にんにくに軽く焦げ目がついてきたら火を止めて
 にんにくと赤唐辛子を取り出す。
④ゆであがったパスタとカリフラワーは水をきる。
⑤パスタに③のオイルを絡めてお皿に盛り付け、カリフラワーをのせ、
 EXVオリーブオイルを少したらしてできあがり。

子供達がアーリオ・オリオ・ペペロンチーノを食べたがったので、
それとカリフラワーが合体しただけです。
これに、アンチョビを加えるレシピもよく知られていますが、
アンチョビを入れると子供達からブーイングされるので、本日は抜き。
パパがいるときは、赤唐辛子は入れずに粉末のボッタルガをふりかけて
食べることも多いです。

b0120269_04557.jpg

このパスタは、ペンネより細身のペンネッテ・リガーテ。
パスタとカリフラワーは、今日は別々に塩茹でしましたが、
一緒に茹でてしまうことも。
カリフラワーが柔らかくなって、潰れてしまうのだけどそれはそれで美味しいの。

ちなみにうちは、長女はカリフラワーが苦手ですが、次女は大好き。
ということで、長女のお皿にはカリフラワーを1つだけ入れ、
(嫌いなものでも必ず少しは味見させる鬼の母だからねー)
野菜を食べない人には、果物をたんまり食べてもらいました。

今日の夕食は、長女の小学校のお友達2人とピッツァを食べに行く予定。
胃痛にならなさそうな具のピッツァを食べてこようと思います。(笑)


ランキングに参加しています。
クリック↓して応援していただけると嬉しいです。どうぞよろしく♪
人気ブログランキングへ

どうもありがとう!
[PR]
by olivolivo | 2011-01-05 00:56 | レシピ(プリモ)