スペルンカ渓谷

b0120269_1881674.jpg

コルシカ島自然派生活12日目。
アジャクシオで釣りの餌を仕入れたので、朝食を済ませたあと、みんなで海岸近くの釣り場へ行きました。
しかし、この日は晴れて暖かではあるものの、波が高い!
b0120269_1883858.jpg

2時間ほど粘りましたが、釣れたのはセルラヌス3尾のみ。

お昼ごはんのおかずを当てにしていたのにねぇ・・・

さて、午後は何をしようか・・・・・・ここで家族の意見が分かれました。
パパは釣りをしたい。娘達はビーチで泳ぎたい。私は山を歩きたい。
4人とも大人だったら各自別行動ができるというものですが、子供達だけ海へ行っといで~と言うわけにはいきません。
でも、私はどうしても山へ行きたい!譲れません!!頑固

コルシカ島でのバカンスも残すはあと3日。トレッキング天国とも言われているコルシカの山なのに、まだ私達は山らしい山を歩いていないのです。このまま帰るなんて悲しすぎるー 大げさ
ビーチや釣りは何度も行っているし、おまけにこの日は海のコンディションも悪いのだし、どうしてそれでも海へ行きたがる?というのが私の言い分。
でも、無理強いはいけませんのでね、こう提案しました。
「私、一人で山へ行ってくるから、あなたたちは海へどうぞ」
この言葉にパパが負け、(私が遭難するとでも思ったらしい・・・(笑)山行きが決まり、気の乗らない娘達を引き連れて山へ出発したのでした。

地図を頼りに向かった先は、オタという小さな村をさらに上ったところに渓谷があるらしいのです。

あ、川が見えてきた!
b0120269_1810104.jpg

もう少しで到着というところで、道路が通行止め。がけ崩れで道路が半分壊れていました。車を止めて、この橋を目指して歩きました。
b0120269_18112946.jpg

歩いていると、たくさんの山羊に遭遇。
b0120269_1810750.jpg

人懐っこくて、かわいい。娘達のご機嫌が一気に回復しました。
b0120269_18105377.jpg

橋に到着。下を見ると、水着で日光浴や川遊びをしている人たちがたくさん!
b0120269_18112178.jpg

これを見て水着を持ってこなかったことに後悔する娘達。長女は「明日もここへ来る!」と言い張りましたしね。さっき山へ来たくないって言った人、だ~れ?

さぁ、トレッキング開始。
ここからエヴィサ村方面を目指すコースがスペルンカ渓谷です。
b0120269_18124484.jpg

引き続きカメラの調子が悪いので、肝心の見所ショットが撮れなかったのですが(涙)、運よく撮れたものだけアップします。

コルシカ島ならではのサラマンダーも生息しているとのことで、探してみましたが、お目にかかることはできませんでした。
b0120269_18125029.jpg

森の中を歩いていると、なんとも例えられない独特な甘い香りがします。こんな匂いのする森は初めて。
b0120269_18143419.jpg

香りについても説明書きがありましたが、まさに自然のアロマテラピーを体験した気分。
b0120269_18133626.jpg

よく香水とかの「森の香り」って、ここからきているのかな?と思ったり。(笑)

ずんずん歩いていくと美しい太鼓橋がありました。写真に収められなかったのが残念。
イタリアにもありがちな橋だなーと思ったら、やはりジェノヴァ人が設計、建設したとのことでした。

橋の下にある岩。
b0120269_18144820.jpg

ここからさらに進むとエヴィサ村へ行けるようですが、私達は折り返すことにしました。
b0120269_18145891.jpg

橋へ戻ると、川で遊んでいる人がまだまだたくさん。
岩に上ってドボンと飛び込みしているのが楽しそうでした。
b0120269_18143718.jpg

オタ村を下る途中で見える海の景色。
b0120269_18152667.jpg

テントに戻り、夕食をとりました。
魚が3尾しかないので、サッと塩で焼いてから身をほぐし、トマトソースと合わせました。
細いパスタ、フェデリーニにからめて食べました。
b0120269_18161776.jpg

夕食後、子供達は友達とお遊び。
キャンプ生活の後半は、イタリア人の3姉弟と、フランス人の双子のお兄ちゃん達が娘達の遊び相手となりました。門限22時。ちゃんと時間になると帰ってきましたよ。(笑)




ランキングに参加中
応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

どうもありがとう!
[PR]
by olivolivo | 2014-08-31 18:16 | 旅・小旅行 | Trackback | Comments(12)

洋梨のケーキ

b0120269_23532289.jpg

ノンニの庭から洋梨をたくさんもらってきたのですが、虫に食べられる前にと急いで収獲したため、まだ硬いものがほとんど。なんとか食べられそうな柔らかめのもの3つを選んでケーキを作りました。

作り方は、洋梨3個(400gくらい)は皮と芯を取り小さく切って、レモン汁少々とジャンジャーパウダー小さじ1をまぶしておきます。小麦粉00番150gとベーキングパウダー4gを混ぜてふるいます。卵2個は卵黄と卵白に分けます。
ボウルに卵黄とグラニュー糖130gを入れて混ぜ合わせ、オリーブオイル150mlとラム酒小さじ1、塩ひとつまみも加えてかきまぜ、洋梨、粉類も加えてヘラでさくっと混ぜたら、硬めに泡立てた卵白も加えてサクッと混ぜます。オーブンシートをしいた型(26cm丸型)に生地を流し入れ、180℃に温めたオーブンで約30分焼いたらできあがり。


私が食べるためにバターなしで作ったのに・・・ほとんど食べられてしまいました。
また作らなくちゃー




ランキングに参加中
応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

どうもありがとう!
[PR]
by olivolivo | 2014-08-28 23:59 | レシピ(ドルチェ) | Trackback | Comments(12)

アジャクシオ

b0120269_114031.jpg

コルシカ島自然派生活11日目。
朝食もとらずに急いでキャンプ場を出発。
空はまだ厚い雲に覆われていましたが、とりあえずピアナへ向けて車を走らせます。
コルシカ島には羊に注意の標識がいっぱいあるの。(笑)

ピアナのスーパーマーケットで朝食を買って食べ、今度はコルシカ島の首府アジャクシオを目指します。
ピアナからアジャクシオまでは約2時間半。ひたすら車を走らせ、アジャクシオに到着すると晴れ間が見えてきました。

大きな港には豪華客船が。
b0120269_131349.jpg

駐車場に車を止めて、まずは中心街の大通りを観光。ブランドもののショップも多数。
b0120269_145941.jpg

b0120269_152263.jpg

大通りから1本それた道に入ると旧市街です。
b0120269_152958.jpg

b0120269_161256.jpg

アジャクシオは、ナポレオン1世が誕生した町。
生家を是非とも見てみようと、ナビを片手に歩いたのですが・・・
同じ場所をグルグルグル。(苦笑)
途中、ナビに連れていかれた広場ではマルシェが催されていたので、寄り道。(笑)
b0120269_162960.jpg

b0120269_175349.jpg


マルシェを抜けると正面は港。
お昼の時間が近づいてきたので、食処を探すことにしました。また町をうろうろ。
b0120269_1144411.jpg

b0120269_114157.jpg

レストランはたくさんあるのですが、どの店のメニューを見ても特に食べたいと思う料理はなく、観光客用に設定された高いお値段もちょっとねー。これで美味しければ納得がいくけれど、はずしたらショックです。
あちこち歩いて探した結果、おいしそうなベーカリーを見つけたので、そこでバゲットを買い、マルシェへ戻って、サラミを買ってサンドイッチにして食べることにしました。

これまでの経験上、フランスのお店はハム、サラミ類の切り方が厚めなので、薄く切ってもらえそうな店を探す。
b0120269_1183025.jpg

すると、機械でハムを薄く切ってもらっているお客さんを見つけたので(この人もパン持参・・・笑)、私達もこの店に決定。おじさんがきちんと手袋をして食品を扱っているのも好感がもてます。

このほかにオリーブ屋さんで量り売りのオリーブを3種類を選んで少しずつ買いました。

ベンチに腰掛け、即席サンドイッチのできあがり。オリーブとともにいただきました。
b0120269_1183512.jpg

私達が食べていると、外国人観光客から英語で話しかけられる・・・
「そのパン、どこで買いましたか?」
パン屋さんの場所を教えてあげました。きっと彼らもレストランよりサンドイッチ派ね。(笑)

天気が回復し、暑くなってきたので食後は娘達はソフトクリームを食べ、パパと私はジュースを飲みながら歩きました。
b0120269_1202175.jpg

そして、やっと見つけた!
ナポレオンの生家。
b0120269_1204145.jpg

家の中を見学することも可能ですが、私達が行った月曜日は定休日。残念!
仕方なく外観だけ写真に収めました。

このあとは、海沿いを散歩することに。
汽車ポッポ風の観光バスが通ります。じつはこれに乗ろうと試みたのですが、定員オーバーで乗せてもらえなかったのでした。
b0120269_1214677.jpg

アジャクシオのビーチ。
b0120269_1221844.jpg

この辺から、私のデジカメの調子が悪くなりはじめました。(号泣)
要塞跡など、他にもお見せしたいところがあったのに、写真が撮れませんでした。(涙)
これ以降はカメラの気分次第で撮れたり、撮れなかったり。

アジャクシオの街を出たあとは、郊外にあるスポーツ用品店デカトロンへ行き、釣り餌を購入し(また!笑)帰路を急ぎました。

晩御飯は、カッペレッティを浮かべたブロード。そしてマルシェで買ったオリーブの残り。
b0120269_1231756.jpg

オリーブは、緑(辛い!)、紫(オレガノ味)、黒(コルシカ風の味付け)の3種類を買ったのですが、お昼に食べた緑が一番美味しかったかな。

じつは、コルシカ島のキャンプ場を探していたとき、アジャクシオ近郊のキャンプ場も候補にあがっていたのですが、そこにせずにアロンのキャンプ場を選んでよかったとつくづく思いました。
アジャクシオは都会で便利さは勝るけど、山の景色も海もアロンのほうが何倍も美しいと思いましたのでね。やはり我が家は自然派なのです。(笑)




ランキングに参加中
応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

どうもありがとう!
[PR]
by olivolivo | 2014-08-28 01:34 | 旅・小旅行 | Trackback | Comments(4)

雨の一日

b0120269_1628746.jpg

コルシカ島自然派生活10日目。
怪しい雲行きと生暖かい空気。
朝食を済ませると、雷をともなう雨がザーッと降り始めました。
あまりにも雨が激しく、しかも止む気配もなし。この日はキャンプ場で過ごすことに。

お昼ごはんは、2種類のサラダにしました。
ミニトマトと赤玉ねぎのサラダと、白インゲン豆とツナのサラダ。
b0120269_16281360.jpg

午後はテント内で読書したり、音楽を聴いたり、トランプしたり、私はめずらしく昼寝をしてしまいました。

キャンプでは、早朝からランニングやサイクリングをする活動的な人が多く、うちのパパも毎日走るうちのひとり。
普段のお休みの日でも家でジッとせずに外へ行きたがる人なので、こういう雨の日は苦痛以外のなにものでもないらしく、具合が悪そうでした。(笑)

夕食は、野菜のリゾット。
b0120269_16291442.jpg

人参、玉ねぎ、じゃがいも、グリーンピースが入っています。

私を除く3人はチーズも食べました。
b0120269_1629326.jpg

地元コルシカのチーズは、山羊や羊のチーズがほとんどで、子供達が苦手なので、牛乳からできた白カビの生チーズをスーパーで買いました。

チーズが食べられない私はビール。
b0120269_16295586.jpg

コルシカ島でビールと言ったら、これ!栗のビール。
麦芽とホップに栗の粉が混ざっていて、苦味も少なく飲みやすいビールです。


なにもせずに終わってしまった1日でした。もったいない!
翌日も午前中のお天気はすぐれないとのことなので、少し遠出をしてアジャクシオという町を観光することに決めました。
次回へ続きます。




ランキングに参加中
応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

どうもありがとう!
[PR]
by olivolivo | 2014-08-26 16:38 | 旅・小旅行 | Trackback | Comments(6)

秘密の釣り場

b0120269_3491850.jpg

コルシカ島自然派生活9日目。
お昼ごはんを食べたあとは、釣りへ。
この日はいつもの岩場ではなく、別の場所へ行ってみることにしました。
パパが早朝のランニング中に小道を見つけ、もしかしたら、その道は海へつながっているのではないかとの勘が働き、歩いてみることに。

いつも海水浴をするアロン海岸がよく見渡せます。
b0120269_3504559.jpg

ずんずん進んでいくと、道幅が狭くなり、通りにくい~!!
b0120269_3511267.jpg

自生しているこの植物の棘にひっかかれたり、刺されたりで、短パンをはいた長女はイタタ・・・(笑)
b0120269_3514694.jpg

誰もいない道を通る冒険。ワクワク、ドキドキ・・・

道が開けて、海が見えてきた!
b0120269_354487.jpg

お花畑。やはりドライフラワーになっています。
コルシカ島って空気が乾燥しているから、こうなっちゃうのかしら・・・(笑)
b0120269_355465.jpg

大地を独り占めして気分爽快~♪
b0120269_3551828.jpg

転ばないように気をつけながら下っていきます。
b0120269_357339.jpg

すると、こんな岩場が待っていました。
b0120269_359636.jpg

背中の方向を見ると、カポ・ロッソという岩山があります。
b0120269_3591659.jpg

ここにも人気トレッキングコースがあるのですが、3時間ほどかかるコースなので、私達は行かなかったのですけどね。

さあ、釣り開始。
水の透明度が高い。魚が見えそうです・・・いなかったけど(笑)
b0120269_411864.jpg

魚を待つ間、読書にふける長女。
b0120269_424923.jpg

パパ、今回はなかなか好調。なんでもっと早くこの場所へ来なかったんだ・・・と少し後悔。
サラゴが釣れました。次女は写真撮影に夢中。
b0120269_43192.jpg

パパ、今度はなに~?
b0120269_432295.jpg

きれいな色のサカナが釣れました。
b0120269_44125.jpg

これもベラの仲間のお魚だと思います。

この日は太陽がカンカン照りで、風がないため、ものすごく暑く、持っていったミネラルウォーターもすぐに飲み干してしまいました。
結局、餌がなくなるまで釣りをして、終わったあとは一旦キャンプ場へ戻り、普段は飲まないような炭酸飲料で喉を潤したあと、パパと娘達はビーチへひと泳ぎしにいきました。

夕飯のおかずは、釣りたての魚。
サラゴ(鯛)4尾、セルラヌス(ハタ)2尾、胸が青いお魚(ベラ)1尾。
b0120269_4162287.jpg

フレッシュハーブの入った塩をふって焼きました。付け合わせは茹でたじゃがいも。
b0120269_417174.jpg

釣ったばかりのお魚を食べる・・・まさに至福の時。




ランキングに参加中
応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

どうもありがとう!
[PR]
by olivolivo | 2014-08-23 04:57 | 旅・小旅行 | Trackback | Comments(12)

ピアナ、その2

b0120269_15234578.jpg

コルシカ島自然派生活9日目。
突然iPadが動かなくなってしまいました。ネットが使えない場所なので、使用目的は写真を撮るくらいでしたが、それでも壊れたというのは問題です。
回線が繋がっている場所でしか直せないと知り、午前中はピアナのwifiが使えるツーリストインフォメーションへ。無事にすぐに治ったので安心しました。
そのあとパパがメールのチェックなどをしている間に、私と娘達は絵葉書を書きました。ツーリストインフォの隣りが郵便局というのはとても便利。
b0120269_1526292.jpg

絵葉書は日本のジイジと弟家族、イタリアのノンニと義妹家族へ送りました。あとで聞いた話によると、遠い日本宛のほうがイタリアよりも早く到着していた。(笑)

郵便局の前にはお庭(?)がありまして、トップの写真のようなモニュメントや像があります。
雄鶏のモニュメントには、亡くなられた方々の名前が刻まれているのですが、イタリア人の苗字が多くてびっくり。
パン屋のオジさんによると、昔々コルシカ島からイタリアへ逃げた人がたくさんいるからだ・・・とのこと。イタリア人がコルシカ島へ来たから・・・ではないわけね。真相はいかに。

こんな彫刻もありました。

アベルを亡くし、嘆き悲しむ母イブの像。
b0120269_15265316.jpg


このあとは、スーパーへ買い出しに行きました。
お昼ごはんは、子供達はハンバーグ。
b0120269_15304114.jpg

私とパパは豚フィレ肉のグリル、これにサラダとパン。
b0120269_1531996.jpg

午後はまた釣りです。そのお話は次回へ。




ランキングに参加中
応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

どうもありがとう!
[PR]
by olivolivo | 2014-08-22 15:38 | 旅・小旅行 | Trackback | Comments(0)

b0120269_1545975.jpg

テット・ド・シアンがある場所は、シャトーフォール(お城)へ行くトレッキングコースの出発点でもあります。カランケのトレッキングコースに続いて、こちらもチャレンジ!

さきほどとは対照的に、こちらはまず、どんどん下っていきます。下りが永遠に続くということは、帰りは上りってことね・・・(苦笑)

ここにも変わった形の岩がいくつもあり、想像力を膨らませながら歩きました。
b0120269_1548677.jpg

途中こんな景色を眺めながら・・・
b0120269_1547228.jpg

b0120269_15485616.jpg

終点に着くと、また展示会が。(笑)
b0120269_15483025.jpg

こりゃ作らないわけにはいきません。
b0120269_15492887.jpg

ところで、お城ってどこなんでしょうか・・・?
b0120269_154947.jpg

多分、ここだと思います。
b0120269_15492699.jpg

まぁ城に見えなくはないけど・・・

もっと立派な城を想像していただけに、ちょっと期待ハズレ。
カランケのコースがあまりにも素晴らしかったので、このコースは少しショボく感じてしまいました。こっちを先に歩けば良かったな。
このあとは、ひたすら上り坂を歩いて駐車場へ戻りました。

キャンプ場へ戻る途中ピアナで寄り道をして冷たい飲み物で喉を癒しました。
あんなに歩いたのに子供達はまだまだ元気。パパと3人でビーチへ行きました。

夕食は、卵を使い切ってしまいたかったので、カルボナーラ。
b0120269_1552977.jpg

本当にたくさん歩いた1日でした。おかげでみんなぐっすり眠れましたー(笑)




ランキングに参加中
応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

どうもありがとう!
[PR]
by olivolivo | 2014-08-21 16:02 | 旅・小旅行 | Trackback | Comments(6)

テット・ド・シアン

b0120269_1726112.jpg

カランケを歩いたあとは、テット・ド・シアンへ。
犬の頭と名づけられた岩です。

カランケのトレッキング中にも犬に似た岩がありましたが、こちらの犬はサイズが大きい!
道路沿いにあるため、観光バスも止まるほどの名所です。

ずっしりした岩に見えるけど、裏側はこんなふうに空洞っぽくなっています。
b0120269_17273834.jpg

そして、やはりこれも赤い花崗岩でできている。
b0120269_1727617.jpg


さて、ここへ来る前に小休憩をしました
この界隈でたった1つしかないカフェレストランに入り、アイスクリームを食べることに。
コルシカ島ならではのフレーバーが数ある中、パパが選んだのはコルシカ産の蜂蜜味。次女はイチジクと生クリーム味にしました。
長女は、柑橘果物ミックスのシャーベット。
b0120269_17272277.jpg

私はミルトのシャーベット。
b0120269_17275244.jpg

ミルトのシャーベットはとても優しいお味でした。

これらのジェラート、一番小さなカップで€3。高い!
コルシカ島のジェラートはどの店でも1フレーバーで€2.50~€3.00€が相場のようですが、それにしてもこの量は少なすぎー!イタリアだったら、この値段なら2フレーバー選べて、カップにてんこ盛りにしてくれますから。こんな、ひと玉だけポコッとカップに入ったアイスなんてありえない~!これを見たときにゃ、そりゃもうショックでしたわ。
味が美味しかったのがせめてもの救いでしょうか。
レストランからの眺めも素晴らしいので、展望料金代が含まれていると思うしかないですね。
アイスでこんな状態なのだから、ここで普通に食事をしたら・・・想像してしまいます。(笑)




ランキングに参加中
応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

どうもありがとう!
[PR]
by olivolivo | 2014-08-19 17:39 | 旅・小旅行 | Trackback | Comments(8)

カランケ

b0120269_646471.jpg

コルシカ島自然派生活8日目。スカンドラ半島の景色を撮影したあとはピアナへ。
まずはピアナのツーリストインフォメーションでレッキングコースの地図(€1)を購入。
6つのコースがあるのですが、3時間以上のコースはキツイので、1時間程のコースを2つ選びました。
b0120269_647142.jpg

ピアナの見所といえば、ユネスコの世界自然遺産に登録されている、赤い岩からなる奇岩群カランケ。
まずは、このカランケを歩く、ピアナ~オタのトレッキングコースにチャレンジです。

車を止めて、スタート地点までは車道を歩きます。
b0120269_6483833.jpg

ハート型にくり抜かれた岩。
b0120269_649117.jpg

観光客にもっとも人気のある岩で、車を徐行運転しながら写真撮影をする人も多数見かけました。

景色が本当に素晴らしいのだけれど、こればかりに気を取られてはいけません。
b0120269_6494212.jpg

道が細いし、下はこんな断崖絶壁なので、落ちたら大変!
b0120269_6502410.jpg

さあ、いよいよコース開始。
いきなり急な上り坂~(泣笑)
b0120269_651360.jpg

足場はけっこう悪いけど、うちの娘達は全く問題なし。山歩きに慣れてきたもんです。
すれ違う人と挨拶をかわすとき「ボンジュール」と言われると、ああ、ここはフランスなのね~としみじみ思います。
やたらと人に会うなぁと思ったら、私達は終点から出発点へ、反対側に歩いていた。後になって気づきました。(笑)

さっきまで歩いていた車道がもうこんな下に見えます。
b0120269_6523530.jpg

標高がそれほど高くないし、岩なので、植物の種類は少なかったですが、
この花をたくさん見かけました。
b0120269_6531062.jpg

これ、咲いたまま乾いてしまったのかしら?それともこういう花?

こんなのも。
b0120269_6552874.jpg

ずんずん登っていくと・・・
b0120269_656553.jpg

あ、あの岩、ワンちゃんみたい~♪
b0120269_6562369.jpg

b0120269_6572225.jpg

b0120269_6575296.jpg

頂上付近を歩いていくと・・・
b0120269_6582576.jpg

造形コーナー?(笑)
b0120269_658453.jpg

こういうの好きなんだよねー。うちも負けずに挑戦。
b0120269_659371.jpg

一番高いのを作りました。でも一体これは何? 表現力に欠けるんだよね(笑)
b0120269_6595330.jpg

ちなみに私はこれが気に入りました!
b0120269_701535.jpg

ソンブレロ賞(左)とヨット賞(右)を贈呈します。(笑)

岩の中にも、なにげに作品が。
b0120269_72292.jpg

b0120269_733243.jpg

トレッキングの後半になると、長女がお疲れ気味になってきて、反対に次女は元気に先へ突っ走るという、いつものパターン。
b0120269_731318.jpg

下り道になると、岩の道から、森の中へ。
b0120269_74375.jpg

標識が見えてきました。あとどのくらいかしら・・・
b0120269_742455.jpg

お腹が空いてきたので、原っぱで座れそうな石を見つけ、お昼ごはん。
ピアナのスーパーマーケットで買ってきたものを食べました。
b0120269_752763.jpg

子供達は切り売りピザ(左)。私はほうれん草入りのコルシカのフォカッチャ(右)

まだまだ歩かなくてはならないのかと思いきや、原っぱを抜けたらコースの終点でした。
b0120269_755259.jpg

カランケは壮大な自然の芸術作品。赤い岩を踏みしめて歩いて、たくさんのパワーをもらった気分です。このトレッキングコースを選んで本当によかった。

このあとは、別のトレッキングコースへ。まだまだ続きます。




ランキングに参加中
応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

どうもありがとう!
[PR]
by olivolivo | 2014-08-17 07:36 | 旅・小旅行 | Trackback | Comments(20)

白い茄子のグリル

b0120269_0575371.jpg

旅行記はちょっとお休み。久々の食べ物ネタです。
数日前に2種類の茄子をたくさんもらいました。普通の茄子と、白い丸い茄子。

でも、茄子は娘達は苦手だし、パパもそれほど好きではないので、ほとんどは私のお腹に収まることに。
特に手の込んだ料理に変わることもなく、塩茹でしたり、グリルしたりしてシンプルに食べています。

今日も白い茄子はグリルして、塩とエキストラヴァージンオリーブオイルで味付け。アンティパストの1品としていただきました。
b0120269_0581997.jpg

この間はグリルした茄子をスペックと一緒にパンに挟んで食べてみましたが、それもなかなか美味しかったです。




ランキングに参加中
応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

どうもありがとう!
[PR]
by olivolivo | 2014-08-16 01:15 | レシピ(コントルノ) | Trackback | Comments(6)