かぼちゃのポタージュ

b0120269_7324489.jpg

前回のマフィンを作ったかぼちゃ。
あの後はニョッキ、そして、ポタージュになりました。
たった200円なのに3回も楽しめて大活躍~♪

かぼちゃのポタージュと題しましたが、これイタリアではクレマ・ディ・ズッカ
(crema di zucca)。直訳するとかぼちゃのクリームと呼びます。

我が家のカボチャのポタージュは、バターがちょこっと入りますが、牛乳も
生クリームも入れないので、お野菜の味が濃厚。
そのため、パパは大好きなのだけど・・・・・・子供達が食べてくれないのよねぇ。(;´д` ) トホホ

【かぼちゃのポタージュ】
◆レシピ◆
材料
かぼちゃ(皮と種を除いた状態で)500g、じゃがいも250g、玉ねぎ 中1個
オリーブオイル 30ml、バター 20g、野菜のブロード(ブイヨン) 500ml
塩 小さじ1

◆作り方◆
①カボチャは皮と種をとりのぞき小さく切る。じゃがいもも皮をむき小さく切る。
 玉ねぎは皮をむいて薄切りにする。
②鍋にバターとオリーブオイルを入れて火にかけ、バターが溶けてきたら
 ①の野菜と塩を入れて軽く炒め、ブロードを加えてひと煮立ちしたら、
 弱火にして約20分煮る。野菜が柔らかくなったら冷ます。
③②を2、3回に分けて、ハンドミキサーにかけクリーム状にする。
④食べる前に温めなおして、お皿に入れてできあがり♪

仕上げに生クリームやクルトンを浮かべて食べるのも美味ですが、
今回はかぼちゃの種で飾ってみました。
クルトンを入れない代わりに、美味しいパンと一緒にいただきましたよ♪

さて、うちの娘、今度はこんなことを言ってくれました。
[PR]
by olivolivo | 2009-02-28 08:01 | レシピ(プリモ) | Trackback | Comments(18)

かぼちゃのマフィン

b0120269_236272.jpg

こちらのカボチャ。1kgで98セント。
1個まるごとの重さが約1700gだったので、日本円にすると200円位。安いっ!

b0120269_2365110.jpg

そして、こちらはカボチャの種。(もらいもの)
私はカボチャの種の入ったパンとか、結構好きなのですが、かぼちゃの種を
自分で買ってまで食べることはなく、こんなにたくさんのカボチャの種を
手にしたのは、実はこれが初めて。

思いつきで、かぼちゃのマフィンでも作ろう!!ってなことになって、一生懸命
カボチャの種の殻(っていうの?)を剥いてみましたが、これがまた面倒くさい
作業なんですねぇ。

b0120269_2372225.jpg

この殻、薄いから気をつけて剥かないと中の食べる部分が壊れてしまうし・・・
剥きやすい方法ってあるんでしょうか?

しかも、私が剥いていると、次女がつまみ食いしにくるもんだから、いくら剥いても
数が増えない! と、次女のせいにしてみましたが、自分もつまみ食いしたんだけど~。(笑)

【かぼちゃのマフィン】
◆レシピ◆
材料(12個分)
薄力粉 300g、かぼちゃ 150g、卵2個、砂糖 150g、オリーブオイル 50g
ヨーグルト 100g、ベーキングパウダー 12g、重曹 3g
飾り用かぼちゃの種 12個

◆作り方◆
①薄力粉とベーキングパウダー、重曹は、ふるってよく混ぜておく。
②かぼちゃは小さく切って、やわらかくなるまで蒸し、ハンドミキサーで
 ペースト状にする。
③ボウルに卵を入れ泡だて器でよく混ぜたら、砂糖を加えてさらによく混ぜる。
④③にオリーブオイル、ヨーグルトを加えてよく混ぜ合わせる。
⑤④に②のかぼちゃを入れよく混ぜ合わせる。
⑥⑤に①の粉類を入れ、ゴムべらで切るように軽く混ぜ合わせ、マフィンの型に
 生地を流しいれ、180℃に温めたオーブンで約25分間焼く。中まで完全に
 火が通ったら冷まして、できあがり♪

b0120269_2375337.jpg

マフィンというよりは、蒸しケーキみたいな感じになりました。

実は、かぼちゃはバターを入れたほうが美味しいんじゃないかなーと思って、
バターでも試してみたのですが、大した量を入れていないせいか、
オリーブオイルでもバターでも味はそんなに変わらないような気がしました。

かぼちゃの種が生地の中に入ればきっと、もっと美味しくなるに違いない!と、
思うんですよねぇ。本当は生地の中にもたっぷりと種を入れたかったけど・・・
誰か、種の殻むき、手伝ってぇ~!

さて、できあがったマフィン。ケーキ類が嫌いな長女も1個食べてくれました。
そして次女は・・・
あんなにつまみ食いしたかぼちゃの種をよけて食べてましたよ。((>o<))くぅぅぅぅ!!!


応援クリック↓ どうぞよろしく♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

どうもありがとう!
[PR]
by olivolivo | 2009-02-23 23:16 | レシピ(ドルチェ) | Trackback | Comments(20)

グレープフルーツ

b0120269_2151478.jpg

今週は幼稚園がお休み。
うちの体育会系女子2名の有り余るエネルギーを発散させるために、
毎日午前中はお外へ連れ出さねばならないおかげで、PCの前に
座る時間がなかなかとれませぬ。(T_T)

さて、昨日の午後は用事がありノンニ宅へ行ったら、こーんなに
グレープフルーツとオレンジをもらいました。
ちょっと汚れていますが。(汗)

早速、家に帰ってオレンジ4個とグレープフルーツ1個の割合でスプレムータに
してみましたけど、次女はグレープフルーツの味が苦手なようで2口目からは拒否。
長女は「すっぱい!」と文句を言いつつも、ちびちびと飲み干しました。(笑)
自分でも食べてみたけど、確かにすっぱい!

b0120269_220269.jpg

オレンジは赤い果肉が混ざっているタロッコのオレンジ。
こちらは甘いので次女の分はこれだけでスプレムータを作り直しました。

グレープフルーツは、オレンジよりもビタミンCが多いそうだし、なんとかして
食べたいもんですが、あまり使い方を知らない私。
実は私、あまりグレープフルーツが好きではないのよね。

とりあえず、グレープフルーツとオレンジとヨーグルト、それに少しはちみつを
垂らしておやつを作ってみましたが・・・

b0120269_2213863.jpg

やっぱりグレープフルーツの果肉は娘達には人気なし・・・でした。(苦笑)


さて、ここからはお料理に関係のないコネタです。

日伊バイリンギャルの日常の1コマ
[PR]
by olivolivo | 2009-02-20 02:50 | 果物 | Trackback | Comments(20)

ハートのフォカッチャ

b0120269_201374.jpg

たまにはこんな形もいいだろう・・・バレンタインだしね!

スウィートなハートじゃなくて、しょっぱいハートだけど~。(^ ^;)ゞ


応援クリック↓押していただけると嬉しいです。どうぞよろしく♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

どうもありがとうございます!
[PR]
by olivolivo | 2009-02-14 02:11 | パン・フォカッチャ・ピッツァ | Trackback | Comments(18)

b0120269_25246.jpg

毎年2月の半ばになるとセッティマナ・ビアンカといって学校が1週間お休みに
なります。
大半の子供達はこのお休みを利用してスキーにいくのですが、我が家は
年末年始に日本へ帰ったので、バカンスはなし!(涙)

今年のセッティマナ・ビアンカは来週ですが、義妹一家は一足先に今日から
暖かい国へ船の旅に出かけました。うらやましぃなぁ~~!!

数日間、家をあけるということで、昨夜は彼女の冷蔵庫の中に入っていた生モノが
ドサッと我が家へやってまいりました。

冷凍モノが充実していて、義妹の義母さんの手作りカペレッティやラザーニャまで。
でも、お惣菜類は非常に助かる~!(笑)

ちょっと驚いちゃったのは、大量の冷凍バジリコ。
いや、私もバジリコを冷凍することはたびたびありますが、なんとその量500g!
夏の終わりに、ノンノの畑のバジリコを彼女が全部持っていったのは
知っていたけど・・・(笑)

ま、あんまり深く考えないことにして、とりあえずは本日のランチでかわいく
消費してみました。

b0120269_2571368.jpg

【トマトとバジリコのペンネ】
◆レシピ◆
材料 (4人分、直径20センチのタルト型)
ペンネ・リガーテ 2人分、完熟トマト 1個、にんにく 1片、バジリコ 適量、
塩 適量、オリーブオイル、EXヴァージンオリーブオイル 適量

◆作り方◆
①にんにくは薄皮をむき、包丁の片面でつぶす。
②トマトは皮をむき、小さく切る。
③フライパンにオリーブオイル大さじ2と①のにんにくをを入れ、オイルに香りが
 ついてきたら、②のトマトを入れ、トマトをつぶしながら火にかけ、バジリコも
 加えて、少し煮詰める。
④塩を入れて沸騰したお湯でペンネをアルデンテに茹で、③のソース、
 EXヴァージンオリーブオイルを少し垂らしてからめて、できあがり♪

b0120269_34262.jpg

今回は全粒粉のペンネ・リガーテを使ってみました。
冷凍バジリコは、調理前に手でパラパラとほぐして入れればいいので切る手間が
かからなくて便利。今日はいつもより多めにいれちゃいました。

パパの胃の具合が悪くなって以来、トマトソースのパスタが激減している我が家。
久々に食べたけど、やっぱりトマトとバジリコの組み合わせって美味しい♪

しかし、いくらバジリコが好きでも、こんなにたくさんのバジリコは1週間や
10日では消費できないわ。
やはりこれは彼女らが帰ってきたら、お返しするべき?(爆)


応援クリック↓押していただけると嬉しいです。どうぞよろしく♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

どうもありがとうございます!
[PR]
by olivolivo | 2009-02-12 03:02 | レシピ(プリモ) | Trackback | Comments(12)

ティラミス

b0120269_23554364.jpg

義母からたくさんサヴォイアルディのビスコッティをもらいました。
このビスコッティ、そのまま食べる人もいますが、私はどうもそれが苦手。
私の中ではサヴォイアルディといったら、もうこれしかないのデス!
ティラミス。

ティラミスは新鮮な卵がある季節にはよく作るのですが、そういえば随分作って
いないなーと思い、久々に作ってみました。

【ティラミス】
◆レシピ◆
材料
サヴォイアルディビスコッティ 15枚位、新鮮な卵2個、砂糖 30g、
マスカルポーネチーズ 250g、無糖ココア 適量
エスプレッソコーヒーまたはホットココア 小さなカップで2杯分位

◆作り方◆
①卵は卵黄と卵白に分ける。
②ボウルに卵黄を入れ泡だて器で混ぜたら、砂糖を加えよく混ぜ合わせる。
③②にマスカルポーネチーズを加えてさらによく混ぜる。
④卵白を固めに泡立て、③に加えてヘラでさくっと混ぜる。
⑤器にエスプレッソコーヒー(またはココア)を冷ましたものに浸したサヴォイ
 アルディビスコッティを並べる。
⑥クリーム状になった④の半分の量を⑤のビスコッティの上に乗せ、さらに
 ビスコッティ、④の残り半分を乗せ表面を平らに整える。
⑦ココアを表面に振りかけて、半日以上冷やしてできあがり♪

b0120269_235922.jpg

我が家は子供達が食べるので、エスプレッソコーヒーはカフェインフリーのもの。
もちろんリキュールも入っていないので、超お子様味のティラミスです。

ビスコッティは、並べてからコーヒーをかける人もいるみたいですが、
私は手早くビスコッティをコーヒーに浸してから並べています。もたもた
しているとビスコッティが崩れちゃうんですけどね。(笑)

b0120269_012198.jpg

今回は甘いものが苦手な長女も完食。
まだまだビスコッティもたくさんあることだし、明日もまたティラミス・・・かな。


応援クリック↓押していただけると嬉しいです。どうぞよろしく♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

どうもありがとうございます!
[PR]
by olivolivo | 2009-02-10 00:11 | レシピ(ドルチェ) | Trackback | Comments(24)

甘酒酵母

b0120269_2303438.jpg

りんご酵母を作って以来、酵母作りに魅了されてしまった私。
今回は、甘酒酵母にチャレンジ!

マクロビオティックでも甘味料として注目されている甘酒は、私が住むイタリアの
小さな田舎町でも、オーガニック食材を扱うBIOのお店で購入することができます。

甘酒酵母も比較的簡単に起こせると聞いたので、初めはイタリアで甘酒を買って
作ろうかとも思ったのですが、先月日本で美味しそうな甘酒を見つけたので
即購入。大切にイタリアに持ち帰ってきました。

参考にした本はこちら↓

自家製酵母のおいしいパン―すっごくかんたん!安心でおいしいパンをいろいろな酵母で作れます!

相田 百合子 / 成美堂出版


この本には、甘酒酵母は早いと2~3日で起きるなんて書いてあったものだから、
いつかいつかとワクワクしながら待っていましたが、待てども待てども、酵母は
起きていないような・・・

早く起きない原因は、たぶん我が家の室内が寒いからだと思うんですけどね。
酵母ちゃんが快適だという温度は25℃。でもウチはいつも20℃前後ですから。

根気よく毎日ガス抜きをして、かき混ぜて、待つこと2週間以上、
やっとプクプクした泡がでてきましたよー!

早速、昨日はこの酵母液に粉を混ぜて、元種を作りました。

b0120269_231651.jpg

写真は数時間前に撮影したもの。
右側の瓶は酵母液、左側の瓶は元種の仕込み1日目。
室温で一日放置して、元種は約2倍に膨れ上がりました。
この作業をあと2回続けたらできあがり。待ち遠しい~♪


応援クリック↓押していただけると嬉しいです。どうぞよろしく♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

どうもありがとうございます!
[PR]
by olivolivo | 2009-02-05 23:08 | 自家製酵母 | Trackback | Comments(12)

b0120269_2355938.jpg

この間の日本滞在時は外食する機会も多く、そのたびに娘達がよく食べたのが、
お子様ランチ!

このお子様ランチって、かなり高い確率で、おかずにハンバーグが入っている
ものなのですね。
しかも、ハンバーグには必ずと言っていいほど、トマトケチャップがかかっている。

我が家ではトマトケチャップが食卓に登場することがほとんどないため、
長女が初めてそれを口にしたときの反応は・・・

「まずい。赤いソースがかかっていないとこなら食べる。」

と言われてしまいました。( ;゜Д゜)

我が家では、ハンバーグにつけるソースといえばマヨネーズなんです。
(和風ハンバーグのときは別だけど・・・)
ちなみに、うちのパパはホットドッグにもフライドポテトにもマヨネーズ。(爆)


前置きが長くなりましたが、昨夜のおかずはハンバーグ。
しかし、ハンバーグを作っちゃったあとに、マヨネーズを切らしていることに
気がついた。さぁ、どーしましょ。

そこで、パパが一言。「作ればいいじゃん」
あはは。そーだよね。「じゃ、おねがいしま~す!」

てなわけで、即席でマヨネーズを作ってもらいました。

【オリーブオイルのマヨネーズ】
◆レシピ◆
材料
オリーブオイル 200ml、新鮮な卵1個、白ワインビネガー 小さじ1、
レモン汁1/2個、塩 少々

◆作り方◆
①高さのある容器に、材料のすべてを入れ、ハンドミキサーのスイッチON。
 お好みの硬さになるまで、かきまぜてできあがり♪


マヨネーズに使うオリーブオイルは、EXヴァージンオイルでないものがおすすめ。
良質のオイルで作ってしまうと、苦味が強くでてしまいます。

我が家は、いつも自家製のオリーブオイルを食べていますが、マヨネーズや
火を通す料理、お菓子に使用するオイルは、とれてから1年以上経過した
古いオイル。これだと味がマイルドになってクセも少ないのです。

それでも、オリーブオイルのマヨネーズは他の植物油で作られたものに比べると、
多少苦味があるので、人によって好き好きがあるかなと思いますが、苦味と
いっても、うちの子供達が喜んで食べるくらいですから。
今回も食べさせすぎないように、途中で取り上げるのが大変でした。
うちのギャル達、5歳と2歳にして既にマヨラー。(汗)

新鮮な卵が手に入った時には、新鮮なマヨネーズ。
美味しいですよっ!


応援クリック↓押していただけると嬉しいです。どうぞよろしく♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

どうもありがとうございます!
[PR]
by olivolivo | 2009-02-02 23:13 | レシピ(ソース) | Trackback | Comments(18)