カテゴリ:果物( 57 )

オレンジのスプレムータ

b0120269_22111783.jpg

「風邪をやっつけろー!」とばかりに、せっせとビタミン補給しております。

イタリアに着くなり、どっさりとオレンジをもらいましたので、毎日スプレムータ
(生ジュース)にして、ゴクゴクゴク・・・

b0120269_22115956.jpg

ノンニの家のオレンジ、よーく見ていただけるとわかるかと思いますが、
房が不規則に並んでいるオレンジなのです。こんなオレンジは絶対に
売り物にはないですよね。(笑)

でも、我が家ではオレンジはスプレムータにして飲んでしまうことが一番多いし、
食べるときはナイフで外皮をむいたら中身もナイフで小さく切ってしまうので、
こんなオレンジでも特に食べにくいと感じたことはないのです。
なんといっても、甘くて美味しい!これ重要ね!(*^m^*)

b0120269_2212419.jpg

スプレムータは娘達も大好きですから、作ると即完売。
おいおい、次女! 私の分まで飲まないで~!


応援クリック↓押していただけると嬉しいです。どうぞよろしく♪

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ


ありがとうございます!
[PR]
by olivolivo | 2009-01-21 22:19 | 果物 | Trackback | Comments(8)

甘い渋柿

b0120269_1542393.jpg

日曜日に次女が突然入院したために、しばらくバタバタしておりました。
といっても昨日無事に退院し、今はピンピン飛び跳ねて元気にしておりますので、
ご心配なく。

久々に更新しようと思ったら、嬉しいことがひとつ。
今日11月12日、レシピブログさんのトップページ「今日のいちおしブログ!」の
オールジャンルのカテゴリーで、「ラディッキオのトルティリオーニ」をご紹介して
いただきました。
ラディッキオ(トレビス)は日本ではまだ馴染みのないお野菜ですが、機会があれば
是非皆さんにも食べていただきたいなぁなんて思います。


さて、慌しさから少し脱出して、今朝は久々にスーパーでゆっくりとお買い物。
果物売り場で、食べごろの柿を見つけたので買ってきました。

日本からヨーロッパに伝わったとされる柿はイタリアでも「カキ」と呼ばれています。
KAKIだったり、CACHIだったり、書き方はいろいろあるようですけどね。(笑)

ただこちらで食べられている一般的な柿は、渋柿。
最近は日本のような甘柿(カキ・メーラ)も見かけるようにはなりましたが、まだまだ
イタリア人には歯ごたえのある柿は馴染みがないようです。

さて、そんな渋柿のイタリア式美味しい食べ方は、思いっきり熟させて食べる!

こちらにきて、パパが柿を食べているのを初めて見たときは、こんな腐った柿を
食べて平気なのか!と思ったもんです。

あの時は迷わずフルーツ皿から自分が美味しそうだと判断した柿を手に取り、
皮をササっと剥いて、切って、口に放り込りこんだわけですが、それが渋柿だとは、
トーゼンつゆしらず。(涙)
口が顔から取れるんじゃないかと思いましたよ・・・
渋柿のシブがあれほど強烈だとは思いもしませんでしたから。(笑)

b0120269_15753100.jpg

そんなわけで、イタリアのお店に並んでいる柿はこんなふうに逆さまになって
売られていることが多いのです。
このほうが、熟れ具合がわかりますからねー。
3つあるうちの真ん中の柿は、私が買った時点では、皮が割れていなかった
のですが、運んでいる途中でパカっと割れてしまいました。まさに食べごろと
いうわけね。

b0120269_1582213.jpg

食べる時は、お皿に乗っけてただ単にスプーンですくって食べるだけ!
シンプルすぎる!(笑)

b0120269_1585397.jpg

初めはキモチワルイと思っていた柔らかい柿ですが、今ではゼリー感覚で
食べることにも慣れてきました。
柿はカラダにいいみたいですからね。ビタミンいっぱい取れますし。

でも、やっぱり日本の甘柿が一番美味しいと思いますけどね。


応援クリック↓ポチッと押していただけると嬉しいです。どうぞよろしく♪
  

[PR]
by olivolivo | 2008-11-13 02:36 | 果物 | Trackback | Comments(22)

b0120269_451465.jpg

最近あちこちのブロガーさんのところで、美味しそうな林檎の記事を目にします。
我が家も今の時期は林檎がフルーツ皿に山盛りな状態♪

昨日もノンニ宅からたくさんもらってきました。
義父が静養中なので退屈じゃぁなかろうかと、昨日の午後はうるさい孫達を連れて
いってきました。(笑)

お庭の林檎の木は1本しかないのですが、いやいや1本でも十分すぎるくらいの
たくさんの林檎。

b0120269_484842.jpg

ノンニの畑は段々畑なので、高い位置にある林檎でも長女は簡単に手に取ることが
できるのですが・・・

女王さまっ!、喜んで摘むのはいいですが、落としてばかりなんですけど・・・
しっかり摘んでくださいよ~!!

落ちた林檎を下の段までいちいち取りにいくのも大変だけど、
それよりなによりも、林檎は落ちたらすぐに傷みますからね。
おかげで早く食べなければいけない林檎がたくさんとれました。(;´д` ) トホホ

b0120269_4101817.jpg

本日の収穫分。


そして、今日はおやつに、これらのりんごを使ってフライパンケーキを作りました。

b0120269_411665.jpg

Yさんのところで、すばらしいTARTE TATINを見てしまってから、もう、食べたくて食べたくて仕方なかったのですが、あのような見事なタルトタタンはとても作れませんので、これでガマン。
って、これじゃぁ、比べる対象にさえもならないと思うんだけど。(^_^;

レシピは、かなり昔の本ですが、コチラ↓から。
non・noお菓子基本大百科
/ 集英社
スコア選択:



林檎を乗せたパンケーキとでもいいましょうか。素朴で美味しい♪

実は前にもこれを作ったことがあるのですが、焦げすぎて失敗して以来、
ご無沙汰しておりました。
でも、また作る気になったわけは、オムレツ用フライパンの存在を思い出したから。
画像のケーキの上あたりに写ってます。

このフライパンは先月、職人さんの見本市でオジサンが実践販売していたもの。
「油をひかなくても、オムレツができる!クレープができる!肉が焼ける!
ケーキが焼ける!」と言いながら、ズッキーニのオムレツを何枚もチャカチャカっと
作っていたんです。

右のシニョーラも、左のシニョーラも、「私にもちょうだい!」とバカ売れ。
つい、つられて私も買ってしまいましたの。(汗)

簡単に言えば、両面フライパンなんですけどね。
でも、上下がくっついているのではなく、上下は別々で、そのフライパン2枚を穴に
かみ合わせるだけの単純なものなのです。
使い勝手もなかなか良くて、お手入れも簡単なので、かなりお気に入りです。

ケーキのほうは、前回の焦げの失敗を教訓にして、ガスコンロの上に網まで敷いて
焼いたせいか、今回は反対に焦げ目がなかなかつかずに苦労しましたが、
まぁ、美味しかったから良しとしましょう。

でも、やっぱりこういうお菓子は赤い林檎で作るほうが美味しそうだな・・・(汗)


応援クリック↓ポチッ。よろしくお願いします♪

[PR]
by olivolivo | 2008-10-25 04:41 | 果物 | Trackback | Comments(21)

ぶどうの女王

b0120269_2535520.jpg

こちらは次女がノンノと一緒に収穫したウヴァ・レジーナ(ぶどうの女王)という葡萄。
イタリアの緑色のぶどうの中で、私が一番好きなぶどうです。

b0120269_2542173.jpg

上の写真は8月後半に撮ったものですが、あれからずーっとぶどう棚にぶらさがって
お日様の光を浴び続けていたので、かなりくすんだ緑色になってきましたが(笑)
お味のほうはバッチリ甘くなりました☆

いつも義父母は食べる分だけ少しずつ収穫していましたが、ここ数日、葡萄好きな
小鳥達にこれをたくさん食べられしまったとのことで、全部収穫することに決めた
そうです。(笑)

葡萄の話題になると毎回書いているような気もしますが、こちらではぶどうと
いうものは皮も種も食べるのがあたりまえ。
でもって、それが苦手な私ですが、この女王様のぶどうは皮がとても薄いし、
種も硬くないので、私も丸ごと食べることにしました。

嫌いでも食べようと思ったのはね・・・
ぶどうの種を食べると老化防止になるらしいんですよ!それ聞いちゃったら、
率先して種を食べるわな~。(笑)

ぶどうの効能については、研究員さんのブログ「アラサー!料理研究@家」の
神戸ジャイアンツ(桃太郎)ぶどうとレーズン」という記事にも詳しく書かれて
いますので、そちらもご覧くださいませ~。

b0120269_2544457.jpg

普通に食べても美味しいけど、たくさんあるし、たまにはこういうのもいいかな~と、
今日はチョコレートをつけて食べてみました。
フォンドュ鍋とかがあれば嬉しいんだけど我が家にはないので、チョコを湯せんで
溶かして、フォークにぶどうを突き刺し、チョコに浸してバクバク。(汗)

ちなみにこのチョコレートは復活祭のときのもの
もう7ヶ月くらい経過してます。(||゚Д゚)ヒィィィィ
冷凍庫を掃除をするたびに、まだ食べても大丈夫かな?と迷いながらも、
まだ残してあるのですが、食べてもお腹壊さないからいいだろう・・・きっと。


応援クリック↓ポチッと押してくださると嬉しいです。

[PR]
by olivolivo | 2008-10-11 03:03 | 果物 | Trackback | Comments(14)

白桃の木

b0120269_21574952.jpg

この角度からの撮影はどうよ・・・って感じですが、(^_^;
うちの辺は段々畑ばかりですのでね、木の上からの撮影もアリ!

さて、今年は桃の木に実がつきすぎて、こんな状態。

???  よく見えない?

これならわかるかな?

b0120269_2159274.jpg

あまりの実の重さに耐えられず、枝が折れてしまったのです。

この桃の木は義両親のお隣の敷地内にある私が大好きな白桃♪

実は数週間前の風のあった日にも、義両親の家の桃の木が1本折れました。
小枝が折れたくらいならまだしも、主枝が見事にボキッっと折れてしまったのです。
本当にかわいそうな姿でした。

さて、お隣さんの白桃はまだ熟していない状態。でもこのままにしておいても
朽ちるだけだしね。少しいただいてきましたよー。(勝手に・・・(爆))

b0120269_21593270.jpg

数日後、そろそろ熟したかなぁと思って、桃好きな長女にひとつ食べさせてみましたが、一口食べて吐きだされました。私も味見してみたけれど、うーむ、確かに苦い!

義母は「加熱して食べれば美味しいわよ」と言っていましたが、イマイチやる気も
なし・・・

ちょうど友人宅へ食事のお呼ばれがあったので、手土産がわりにトルタを作り、
飾りの一部に使ってみました。

b0120269_220760.jpg

イタリアの国旗の色を意識して、キウイ・白桃・イチゴにしたつもりが、桃の色が
オレンジのような汚い色になってしまいました。(;´д` ) トホホ・・・

でも、食べてくれたお友達やそのご家族の皆さんには、「美味しい」と褒めて
もらえたので、まぁ良しとするか。

このトルタの作り方は、アプリコットとリコッタチーズのトルタと同じ。
飾りのフルーツだけを変えて作ってみました。
イチゴの部分は、誰かに行ってしまったので食べられなかったのだけど、
キウイもなかなかこのトルタによく合うなぁ~と思いました。
では、桃は?    あまり桃の味がしなかった。(笑)


応援クリックポチッと押してくださると嬉しいです。

[PR]
by olivolivo | 2008-08-19 22:23 | 果物 | Trackback | Comments(10)

緑のいちじく

b0120269_7191473.jpg

先日は黒いいちじくを食べましたが・・・今回は緑のいちじく♪

b0120269_7201488.jpg

パカっと開けると、中はこんな色をしています。
わざわざジャムにしなくとも、そのままパンにつけちゃえば、ジャムかと思うほど
トロ~っと甘い。

さて、いちじくはすぐに傷んでしまうので、早く食べなければいけませんっ!
・・・というわけで、早速美味しいサラミを調達してきましたヨ~♪

そのサラミについては、次回書きますね。


応援クリックポチッと押してくださると嬉しいです。
     b0120269_543581.gif
[PR]
by olivolivo | 2008-08-17 07:25 | 果物 | Trackback | Comments(4)

スイカ

b0120269_15382573.jpg

これ、スイカなんですけど、ぜんぜん美味しそうに見えないですねぇ。
私の写真が下手なだけなんですけど、何枚撮っても美味しそうなスイカの
写真が撮れない!(涙)
スイカはやっぱり緑と黒の縞模様じゃないとねー。と模様のせいにしてみる。

実は数日前から「スイカ食べた~い」と長女が何度も言ってくるので、気合を入れて
買ってきました。

なんで、気合なのかといいますと・・・・・・
イタリアのスイカは大きいのであります。日本のスイカの2倍、3倍は当たり前、
もっともっと大きいスイカもありますから。

スイカは切り売りになっていることもあるのですが、私が買いにいったときは
なかったため、結局丸ごと1個買うはめになりました。(>_<)

いままでスイカを買うことはあっても、選ぶのはパパ任せ。なんせ重いですからね。
スイカ売り場では、スイカをポンポン叩いて、音で美味しさを判断している人を
よく見かけるので、私も叩いてみましたが・・・・・・
よくわからん!みんな同じに聞こえるんだけど。(゜ε゜ )プッ!!

比較的小さめのスイカを選んだつもりでしたが、やけに重いなぁと思ったら、
どれも10キロ前後!(( ;゜Д゜))エエッ? 片手で10キロのスイカを持ち上げていた
自分にビックリよ☆ >おつかれさん!My二の腕

結局、この9.6キロのスイカをお買い上げしてまいりました。
ちなみにこの日のスイカのお値段は、1キロあたり28セント(約45円)。
これだけ大きいと食べがいがありますしね。400円ちょっとならいいお値段かしら。
2日連続で食べましたが、まだ残っています。

b0120269_15394173.jpg

熟していてとても甘くて美味しいスイカでした。
でも日本のスイカのほうがもっともっと美味しいけどね。
さぁ、今日は食べきるぞー!


応援クリック↓ポチッ↓と押してくださると嬉しいです。
     【人気ブログランキング】
[PR]
by olivolivo | 2008-08-14 15:52 | 果物 | Trackback | Comments(12)

黒いイチジク

b0120269_16582284.jpg

日曜日は友人達を招いて、山の家での昼食。
前日、私は準備に追われて忙しかったので、パパに頼んで義父の畑の桃を
調達しにいってもらったら、いちじくまでたんまりと持ち帰ってきました。

イタリアには何種類かのいちじくがありますが、こちらは黒いいちじく。
葉っぱも一緒に入っていました。大きさが団扇くらいなので、ちょうど暑いことだし
扇いでみたりしましたが、やっぱり風力は弱い。(笑)

さて、いちじくはデザートとしても食べますが、イタリアでは生ハムとメロンのように、
ハムやサラミ類といちじくを組み合わせて、前菜として食べることもあります。

今回、私達はサラミと一緒に食べました。いちじくの中の果肉は真っ赤で、
とても甘くて美味しかったです。
本当はその模様もお見せしたかったけど、おもてなし時はバタバタしちゃって
カメラを手にする暇がなく、よって写真はナシ。
いつかまた機会があったら、ご紹介しますね~♪


応援クリック↓ポチッ↓と押してくださると嬉しいです。
     【人気ブログランキング】
[PR]
by olivolivo | 2008-08-05 17:02 | 果物 | Trackback | Comments(16)

またサクランボ

b0120269_2275048.jpg

どぉです?このたわわになった実!
かなり熟してきているので、早く摘んでしまわないと、実がパカっと割れたり、
腐ったりするので、つまみ食いしながら摘んできました。

前回のさくらんぼ談をご存知の方は、「つまみ食いなんてしても平気なの~?」と
思われた方もいるのでは?(笑)

実はアレ以来、さくらんぼに神経質になっていたワタクシでしたが、2日前にも
この木から採れたさくらんぼをもらって食べたところ、実の中に入っている
ウジ虫君はほとんどおらず、いても30個に1匹くらいの確率なので、いないことを
願いながら食べました。

b0120269_2295851.jpg

ちなみにこちらのバスケットに入ったものは、虫がいるかもしれない木から採れた
ものなので、義妹にお譲りしました。(私って性格ワルい?)

b0120269_22153016.jpg

そうそう、食卓でのさくらんぼの食べ方ですが、うちの家族はボウルなどの
大きな器に水を入れてテーブルのまん中に置き、さくらんぼをそこでサッサッと
洗って食べます。
ちなみにさくらんぼだけではなく、アプリコット、プルーン、ぶどうなど、皮付きのまま
食べる果物はみんなそんな感じ。
なんだか気休め程度でキチンと洗っていないような感じもしますが、まぁ、農薬が
かかっているわけじゃないし、木からそのまま食べちゃうときだってあるしね。

本当はこのさくらんぼでお菓子を作りたかったけど、子供達がテレビを見ながら、
まるでポップコーンでも食べるような感覚でさくらんぼを食べるので、
減りが早い早い!これじゃ、残しておいたほうがいいわよね。
ま、私にしてみれば、「ケーキ作る時間があったらアイロンかけなさい」って感じ
なので、これでいいといえばいいか。(笑)


応援クリック↓ポチッ↓と押してくださると嬉しいです。
     【人気ブログランキング】

[PR]
by olivolivo | 2008-06-18 22:19 | 果物 | Trackback | Comments(8)

びわ

b0120269_23342359.jpg

果物マニアのオジ様から、とれたての枇杷をいただきました。
実はこれで2回目。先週も20個ほどいただいたのですが、娘達に大好評で
ペロっと食べられてしまいました。今回も勢いよく消費中。(笑)

うちの娘達は新しいモノ好きなので、最近は果物にしても、リンゴやバナナには
見向きもせず。(汗) たまにこうやって変わった果物が登場すると
バクバク食べてくれます。

私は特に枇杷が大好物というわけでもなく、日本にいた頃もそれほど食べた記憶は
ないのだけど、うちの子供達は非常に美味しそうに食べていましたよ。
甘さといい、水分の多さといい、子供にウケる味なのかもしれませんね。

びわにはカロチンがたくさん含まれているそうです。
子供達が野菜を食べたがらない日は、デザートでいっぱい食べてもらわなきゃ!


応援クリック↓ポチッ↓と押してくださると嬉しいです。
     【人気ブログランキング】
[PR]
by olivolivo | 2008-06-13 23:37 | 果物 | Trackback | Comments(8)