「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:自然派治療( 3 )

ニゲラの種

b0120269_19475537.jpg

誕生会でハッスル(←死語?笑)しすぎたのか、ただいま鼻水小僧の長女です。
いつも鼻づまりになると生理食塩水で鼻の中を洗浄させるのですが、(これは効果大!)
今回はこれにプラスして、あるものを使って症状緩和を試みています。

そのあるものとは・・・

ニゲラの種。

クロタネソウとも呼ばれている植物です。
先月パパがモロッコへ研修に行き、現地のエルボリステリア(ハーブを扱う薬局。注意:ドラッグではありません!)で買ってきたもの。

使い方は、小さじ1程度の量の種を、ガーゼのハンカチ等に包んで紐でしっかり縛り、玉状にした部分を手のひらに擦りつけて少し温めます。これを鼻の穴に近づけ、左右それぞれ2回ずつ吸い込みます。そうすると、あら不思議。鼻がす~っと開通!

しかし、持続してくれたらありがたいのですが、そこはハーブ。薬ではないので、しばらくするとまた鼻づまりは戻ってしまうのですけどね。(苦笑)
確か、1日に4〜5回使っていいと言っていたような気がします。使いすぎはいけないんでしょうね。
この他にも熱湯を入れた洗面器に種を数個入れて、蒸気を吸引したりしても良いそうです。
爽やか系の香りがします。まさにアロマテラピーですね。

ニゲラについて調べてみたら、けっこう簡単に育てられるみたい。
使用済みの種を土に蒔いてみたりもしましたが・・・さて、発芽するでしょうか。(笑



ランキングに参加中
応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

どうもありがとう!

[PR]
by olivolivo | 2014-11-28 19:56 | 自然派治療 | Trackback | Comments(4)

クコの実入りヨーグルト

b0120269_23192091.jpg

先日、パパが鼻風邪をひいたことを、健康オタクのお客さんに話したら、クコの実を食べることを勧められたそうで、早速エルボリステリアで購入して食べてみたところ、あっという間に風邪は治り、翌々日にはランニングができるほどまで元気になりました。

クコの実・・・
小さな赤い粒の中にはβカロチンやビタミンなど、体によい栄養素がギュッと詰まっているのですね。
毎日スプーン1杯程度を食べると良いと聞きました。
体力をつけるためだけでなく、老化防止にも効くそうです。なんて聞くと、私も食べなきゃーという気持ちにさせらます(笑)

いままでクコの実といえば中国粥や杏仁豆腐の上に乗っかったものくらいしか食べたことありませんでしたが、お粥も杏仁豆腐も毎日は作れないので、うちではもっと手軽に、ヨーグルトに入れたり、紅茶に入れてふやかして食べることにしました。これなら毎日続けられそうだもんね。
今朝は自家製の無糖ヨーグルトにクコの実とアカシアの蜂蜜を入れていただきました。
クコの実、しばらく食べ続けてみようと思います。



ランキングに参加中
応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

どうもありがとう!
[PR]
by olivolivo | 2014-03-13 23:31 | 自然派治療 | Trackback | Comments(18)

亜麻の実で胃炎の治療

b0120269_21134323.jpg

写真は亜麻の実・フラックスシード。
この小さな粒々の中には身体によい栄養素がたくさん含まれているのをご存知でしょうか?
亜麻の実はオメガ3必須脂肪酸が豊富に含まれ、がんのリスクを下げたり、悪玉コレステロールを減らしたり、心臓病や脳卒中の予防、便秘解消など、さまざまな効能があることが知られていますが、実はこれでパパの慢性胃炎の症状も回復したのです!!

そこで、我が家の胃炎治療法をご紹介。
説明に入る前に、あたりまえのことですが、注意事項が2点。
1.胃に優しいものを食べる。
うちの場合、症状のひどいときは柔らかいご飯、茹でた野菜(じゃがいも、人参、ズッキーニなどなど)に、味付けは塩だけでさっと焼いた白身の肉(鶏ささみなど)や、茹でた魚(ヒラメや鱈など)を少しだけ食べるという感じでしたが、調子がよくなってきたら徐々に食べるものを増やしていきました。

2.刺激物(酒、コーヒー、唐辛子など)や消化の悪い食べ物は禁止!
これらのものは症状を悪化させてしまうので、絶対に摂取しないように心がけています。イタリアではお付き合いでコーヒーを飲む機会が多いので要注意。調子がよくなりかけたときに油断してコーヒーを飲んで酷いことになった経験が。

というわけで、これら2点を前提としたうえでの治療です。
b0120269_21224349.jpg

まず、ぬるま湯250mlに亜麻の実20gを入れ12時間経過したら(前夜に作って、翌朝に飲む)茶漉しでこします。少し粘り気のある汁が取れるので、これを飲みます。
大切なポイントは、朝、起きてからすぐに飲むこと。朝食をとる前の胃が空っぽの状態で飲むのがベターです。
毎日繰り返していくと、だんだん胃の不快感が消えていくそうです。パパいわく胃痛だけでなく、胸焼けなどにも効果大とのこと。

今は胃の調子もよくなり、毎日は飲んでいませんが、たまに外食などで胃が疲れたときは作って飲んでいます。
慢性胃炎になってから、医者からは胃薬を飲み続けなければならないと言われていたし、もう絶対に治らないものだと思っていたのに、前回の胃の検査で、なんと!胃の症状が改善しているというデータを見せてもらいました。薬を飲まずにここまで回復したことに感激です。
亜麻の実は、パンやお菓子や料理など、他にも幅広い食べ方があるようなので、これからも上手に亜麻の実を摂取していきたいなぁと思っています。



ランキングに参加中
応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

どうもありがとう!
[PR]
by olivolivo | 2013-10-03 21:50 | 自然派治療 | Trackback | Comments(24)