「ほっ」と。キャンペーン

b0120269_6552962.jpg

友人からのクリスマスプレゼントで、パルミジャーノチーズと果物のソースの詰め合わせをもらいました。
果物のソースは、洋梨といちじくの2種類。さらっとしたジャムみたいな感じで、ほどよい具合にピリッとマスタードの辛みがきいていて、チーズとの相性は抜群。
残念ながら私はパルミジャーノチーズが食べられないので、ラクトースフリーのクリームチーズをお供にガッレッテにつけて食べました。
ガッレッテはポン菓子のせんべいみたいなもので、お米、とうもろこし、麦など、いろいろな種類があります。
オーガニック食品を扱うお店には必ずおいてあるもののひとつ。健康志向のイタリア人はパンのかわりに食べる人も多いです。
写真はとうもろこしのガッレッテ。私のお気に入りです♪



ランキングに参加中
応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

どうもありがとう!
[PR]
by olivolivo | 2015-01-04 06:57 | お気に入りBIO食品 | Trackback | Comments(2)

五穀パン

b0120269_6381476.jpg

雑穀パンを焼きました。

愛用のCOOPのオーガニックの粉シリーズ。その中にパン用のミックス粉があります。
b0120269_645155.jpg

5種類の穀物の粉は、小麦粉、からす麦粉、米粉、ひまわりの種粉、大麦粉がいい具合にブレンドされ、すでにイーストも入っているので便利。
袋に書いてある作り方のとおりに、水とオリーブオイルと塩と砂糖を加えてこねて発酵させるだけ。そのままの材料だけのパンでも十分美味しいけれど、私は香ばしさをアップさせるために白ゴマや亜麻の実をプラスして作ることが多いです。今回は白ごま入り。
今日はこのパンでサンドイッチを作り、子供達の学校のおやつとなりました。



ランキングに参加中
応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

どうもありがとう!
[PR]
by olivolivo | 2014-03-20 06:53 | お気に入りBIO食品 | Trackback | Comments(14)

全粒粉のパン

b0120269_22473128.jpg

白い小麦粉よりも栄養価が高いと言われる全粒粉。私は大好きなのですが、うちの子供達はどうもこの食感が苦手なようで、パンもパスタも我が家の食卓にあがることはほとんどなし。でも、久々に私が食べてみたくなり、小さなサイズのパンを作ってみました。

どうせ子供たちには食べてもらえないだろうと思っていたけれど・・・・・・
ところがどっこい家で作ったパンなら大丈夫なのね。不思議。

今回使った粉はこちら↓
b0120269_22485470.jpg

いつもの作り方と同じですが、水は多めに加えました。

スペックとベビーリーフをたっぷり挟んで、今日の子供達が学校で食べるおやつになりました。



ランキングに参加中
応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

どうもありがとう!
[PR]
by olivolivo | 2014-01-30 23:12 | お気に入りBIO食品 | Trackback | Comments(10)

b0120269_19111690.jpg

今日の私の朝食は自家製ヨーグルトにミューズリーとジャムを入れて食べました。

うちのミューズリー、じつはパパの特製ブレンド。
BIOのお店で購入した、アマランサスとワイルドベリー入りのミューズリーと、6種類の穀物(大麦、小麦、ファッロ、ライ麦、カラス麦、米)フレークと、亜麻の実の粉を混ぜています。

ブレンド前のアマランサスとワイルドベリーのミューズリー↓
b0120269_191263.jpg

アマランサスがポン菓子(写真の白い粒々)になっていて、食べるとシャリシャリプチプチしたおもしろい食感で、これがもう病みつきになりそうな美味しさ。
ただこのミューズリー、400g入りの袋で5.80ユーロと値段がお高いという好ましくない点もあり。そんなわけで穀物フレークで嵩を増して(500g入りで1.95ユーロだし)、胃に優しい亜麻の実も加えて食べております。

こちらがブレンド後の、粉まみれになったミューズリー↓
b0120269_19123015.jpg

混ぜたものはサンタさん柄の入れ物に入れて保存。(笑)


今日のジャムは、義母からもらったZueggのBIOの苺ジャム。
ジャムは手作りしたものがたくさん保存してあるので、自分で買うことは滅多にないのですが、市販の苺ジャムは種が入っていなくてなめらかなのがいいですね。苺ジャムを自分で作るとなると種なしでは作れませんから。
この苺ジャム、娘達に買ってくれたものなのに、ほとんど私が食べてしまいました。(苦笑)



ランキングに参加中
応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

どうもありがとう!
[PR]
by olivolivo | 2014-01-29 19:27 | お気に入りBIO食品 | Trackback | Comments(18)

ファッロ小麦のパン

b0120269_22284849.jpg

この間、スープでご紹介したファッロ小麦。
昨日はこれの小麦粉でパンを作りました。
最近パンを作るときは、もっぱらこの小さなサイズで作っています。
子供のおやつにちょうど良い大きさなのでね。
b0120269_22311350.jpg

材料はファッロ小麦500g、ファッロの天然酵母15g、塩 小さじ1、黒砂糖 小さじ1、エキストラヴァージンオリーブオイル 大さじ1、ガス入りミネラルウォーター 300ml。

今朝は、学校で食べるおやつにパニーノを作ってあげよう・・・と思ったのですが、具にできる適当なものがなかったので、苺ジャムを挟んでジャムパンにしちゃったわ。
予告しなかったので、2人とも学校でビックリしているかもな。母ちゃんのサプライズ(笑)



ランキングに参加中
応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

どうもありがとう!
[PR]
by olivolivo | 2014-01-23 22:44 | お気に入りBIO食品 | Trackback | Comments(4)

ブレンドはちみつ

b0120269_6395029.jpg

珍しい蜂蜜を見つけたので買ってみました。
これ、蜂蜜、花粉、ローヤルゼリー、プロポリスが混ざっているのです。
1日1回、食前にティースプーン1杯を食べると良いそうです。

b0120269_6404749.jpg

花粉が5%入っているので、普通の蜂蜜のようにサラッとはしていません。
子供達は直に食べるのは苦手なようなので、飲み物に溶かして食べさせることにしました。

我が家の朝食は、牛乳や豆乳に麦コーヒーまたはココアを入れて蜂蜜をプラス。これにクッキーなどの甘いお菓子を少しだけ食べるというのが定番なのですが、これからしばらくは普通の蜂蜜のかわりにブレンド蜂蜜を食べて栄養をとろうと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


長女の誕生日を皮切りに、誕生日ラッシュです。先週末は2日連続で誕生会に招かれ、そして今日はパパの誕生日でした。
お昼は子供達に内緒でジャパニーズレストランのビュッフェへ。といっても中国人経営の店なので和食には期待せず、はじめから飲茶を堪能するつもりで行きました。やはりそれで正解だった。(^^)



ランキングに参加中
応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

どうもありがとう!
[PR]
by olivolivo | 2013-12-06 06:49 | お気に入りBIO食品 | Trackback | Comments(14)

カムットのパン

b0120269_19104629.jpg

以前から気になってはいたけれど、買ったことのなかったカムット小麦の粉をついにゲット。大げさ(笑)
というのもカムットの粉は普通の小麦粉の5倍くらいのお値段なので、我が家のような庶民にはなかなか手が出ない粉なのです。でも、ただいまスーパーCO●Pでお買い得価格。これはチャンス!たかが小麦粉だけど要決断力(笑)

いままでにもカムットでできたパンやパスタは食べたことはあるのですが、実際に自分でパンを作るのは初めてです。
せっかくのカムット粉なので、天然酵母もカムット小麦のサワードウを使ってみました。
配合はいつも作るパンとほぼ同じ。カムット小麦500g、カムット小麦の天然酵母 15g、塩 小さじ1、きび砂糖小さじ1、EXVオリーブオイル大さじ1、ガス入りミネラルウォーター300ml。
b0120269_191146100.jpg

天然酵母の香りがちょっときつくて、生地をこねている間、次女がオエ~っとなっていましたが、できあがったパンの味はクセもなく、噛みしめるごとにカムット独特の味わいがやんわりと口の中に広がってとっても美味しい。硬くも、ふわふわでもないのですが、ちょっとずっしり感のあるパンなので、スライスして食べました。一緒に写っている汚い色のスープはレンズ豆のミネストローネ。色はイマイチだけど美味しいのよー

カムット小麦は1949年にアメリカの空軍兵が古代エジプトの遺跡の墓で見つけた大粒の小麦32個を持ち帰り、祖国モンタナ州の父へ送り、家族で栽培が試みられ成功。その後、市場に出回るようになるまでにはいくつかの話があるようですが、それはさておき、古代の小麦が現代に蘇ったというのはすばらしい話ですよね。
品種改良などされず、オーガニック製法で栽培されているため、小麦という名がついてはいても、小麦アレルギーや小麦不耐症の人でも食べられる人も多く、近年小麦アレルギー患者が増加しているイタリアでは、普通の小麦粉の代替品として人気があります。
栄養価も普通の小麦粉に比べて高いので、アレルギーでなくとも積極的に食べたいものですが・・・・・・我が家は今後も特売狙いで買ってみたいと思います。(^^;



ランキングに参加中
応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

どうもありがとう!
[PR]
by olivolivo | 2013-11-07 19:28 | お気に入りBIO食品 | Trackback | Comments(39)

b0120269_5494948.jpg

亜麻の実ネタが続きます・・・
こちらは先日パパが作ったピッツァ。
今回はいつも作るピッツァに、粉末状になった亜麻の実を混ぜて作ってみました。

亜麻の実の粉はBIOの食品を扱うお店で調達。
b0120269_5505616.jpg

いつもは小麦粉500gで作るところを、今回は小麦粉470gに亜麻の実粉を30gで。
生地に白ごまも少々練りこんでみました。

トマトソースはいつものフレッシュトマトソースのオレガノバージョン。
トッピングはモッツァレッラチーズとハムを半分ずつにしました。

トマトソースなしのほうはチーズとハムのトッピング。
b0120269_5512280.jpg

本当にオリジナルな生地だな~と思います。(笑)
でも、なかなか美味しくできましたよ。



ランキングに参加中
応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

どうもありがとう!
[PR]
by olivolivo | 2013-10-05 05:59 | お気に入りBIO食品 | Trackback | Comments(8)

b0120269_21572285.jpg

このあいだの天然酵母の残りで、またパン作り。
生地の配合も前回のピッツァのときと同じ。
かぼちゃの種、ひまわりの種、亜麻の実を混ぜて発酵させること約2時間。

いつも使っている小麦粉はCOOPのオーガニックの00番。
b0120269_2201459.jpg

ちぎりやすいように、小さなサイズにしてみた。
b0120269_2213819.jpg

素朴な味のパンになりました。



長かった夏休みもいよいよ最終日。子供達の宿題チェックも無事に終りました。
b0120269_22472552.jpg

ここ数日は教科書にカバーをつけたり(節約のため手作り・・苦笑)、文具を揃えて名前をつけたり・・・なんだかんだとやることがあって忙しい。
明日の朝からは、早起きだ~



ランキングに参加中
応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

どうもありがとう!
[PR]
by olivolivo | 2013-09-15 23:56 | お気に入りBIO食品 | Trackback | Comments(10)

サワードウでピッツァ

b0120269_523912.jpg

春頃に買ったオーガニックの小麦のサワードウ(天然酵母)。
夏の間は暑くてオーブンをつける気にならず、パン作りもご無沙汰していて、ハッと気がつけば賞味期限が2ヶ月も切れていた。(汗)
b0120269_524378.jpg

大丈夫か心配になりつつも、生地をこねて、お待ちいただいたら・・・
あら、ちゃんと膨らんでいるわ!よかったー

早速、お昼用にピッツァを作りました。
生地の分量は、小麦粉00番 500g、サワードウ 20g、塩 小さじ1、ブラウンシュガー 小さじ1、EXVオリーブオイル 大さじ1、ガス入りミネラルウォーター 300ml。
ピッツァやフォカッチャの生地には、最近は麦芽シロップを加えているのですが、今回は切らしていたのでブラウンシュガーで代用。
b0120269_5263947.jpg

ソースは、皮をむいたフレッシュトマトを小さく切ったものに、オリーブオイル、塩、オレガノを少々入れて煮詰めました。急に思い立って作ったからモッツァレラチーズもなくて、トッピングはアンチョビのフィレと、タッジャスカの黒オリーブにしました。でも具は少ししか乗っていないの。なぜなら子供達には人気がない具なのであった。(苦笑)

このピッツァの他にフォカッチャも1枚作りました。
一袋で、粉2kg分の天然酵母。私は粉を500gにして作るときが多いのであと3回分です。さっさと使ってしまわないとね・・・



ランキングに参加中
応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

どうもありがとう!
[PR]
by olivolivo | 2013-08-27 00:00 | お気に入りBIO食品 | Trackback | Comments(8)