アルボリオ米

b0120269_1781394.jpg

ポー平原で栽培が盛んなアルボリオというお米。
イタリアではリゾットに適したお米とされています。大粒ですが、ジャポニカ米の一種なので食感はふっくら柔らか系。
火にかけて調理していくうちに徐々にとろみがつき、アツアツほくほくな美味しいリゾットができあがります。

この冬はアルボリオ米のリゾットをよく食べた我が家ですが、中途半端にお米が残ってしまい、どうしようかなーと考えていたところへ、長女からあるものを作ってくれとリクエストが。
でもね、パパが大嫌いなものなの。(笑)
なので、母娘のお昼ごはんでしか食べられないもの。
次回へ続きます・・・



ランキングに参加中
応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

どうもありがとう!
[PR]
by olivolivo | 2015-02-26 17:16 | パスタ・米

トルテッリーニ

b0120269_1948452.jpg

温暖な気候と言われる西リグーリアなのに、先週は気温が氷点下になるほど寒くなったりもしました。
こういう寒い日は熱々のブロードに浮かべたトルテッリーニが食べたくなります。

じつは、イタリアに戻ってすぐに、生ハムを塊でドーンといただいたので、これでトルテッリーニを作りたいなぁ・・・とは思うものの、今の私には時間がない!
というわけで、今回はパスタ屋さんでトルテッリーニを買ってきました。

作り方はいつもと同じ、こちら
お出汁をとったあとのボッリートは2日かけて食べました。
やっぱり冬はこれに限るね。


さて、イタリアに着いたらすぐにピッツァやパスタが食べたいと言っていた子供達でしたが、数日経過するとまた日本食を恋しがり、日本から持ち運んできた食材がものすごい早さで消えていきます。私としてはゆっくり味わって食べたいところなんですけどねぇ・・・まぁ、大切に食べようとすると賞味期限が過ぎてしまうこともよくあるので、これでいいのかな。

今回の帰省で、子供達が食べられるようになった和の食材がいくつかありましたが、中でも特に、苦手だったお茶が飲めるようになったのは大進歩です。どうやら日本の缶やペットボトル入りのお茶が気に入ったみたいで、その後、急須で入れたものも飲んでくれるようになりました。長女はあいかわらず緑茶は苦手みたいですが、ほうじ茶はOK。
b0120269_1949730.jpg

滞在日数が短かったので、あまりいろいろな場所へは出かけられませんでしたが、友人の子供達と遊んだり、動物園&遊園地に行ったり、スカイツリーを見に行ったり(登ってないけど)、日本の公園で遊んだりと、子供達にとっても楽しい思い出ができました。

ただ、がっかりしたこともひとつ。
公園で遊んでいたら、娘達が不快になる体験をしました。詳しくは語りませんが、イタリアの子供社会ではまずありえないとも言えるような、いじわるな態度を日本の同じ年頃の女の子にされたのです。うちの娘(特に長女)は、ちょっとやそっとのことではへこたれない性格の持ち主ですが、その長女が陰湿な空気を読みましたからね。私は口を出さずに子供たちの様子を隠れたところで見ていましたが・・・こういうのがイジメ?なんて思ったり。

でも悪いことばかりではなく、嬉しい出会いもありました。写真右下の池のある公園では、女の子が鳥に餌をあげていたのですが、その彼女が餌を持っていないうちの娘達に自分が持っていたパンを分けてくれたのです。優しい子ですね。彼女のご両親にはお礼を言いそびれてしまいましたが、娘たちも私も本当に嬉しかった。

そのほかには、POTE。さんちの子供達と、こどもの城にて、楽しい時を過ごしたりもしました。
b0120269_19493884.jpg

POTEさんの娘ちゃんが、駒まわしの達人で、これをみた長女はすっかり駒に魅せられてしまいました。息子君と次女もお互いマイペースで遊んでましたっけ。(笑)短い時間でしたが、POTE。さんといろいろなお話ができて楽しかったです。

しかし、今回の帰省。
中でも特に私達家族が一番楽しんだのは・・・スーパー銭湯でした。
前半は次女が風邪っぴきで行けませんでしたが、後半は通いましたよ。(笑)
やっぱり、大きなお風呂っていいですねぇ。

たった2週間弱でしたが、懐かしくもあり、驚きもあり(日本の進化に)、
和食三昧もし、とても充実した日々をおくりました。
今度はいつ帰省できるかなぁ。楽しみに待つことにします。


ランキングに参加中
応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

どうもありがとう!
[PR]
by olivolivo | 2013-01-21 20:05 | パスタ・米

b0120269_19424425.jpg

先週末は友人を招いて食事をしたり、昨日はパパの誕生日でお祝いしたりと、まだクリスマス前なのに早くも暴飲暴食ぎみな我が家です。
しかし、いろいろ作っているわりには、カメラを手にする間もなく食べつくしてしまって写真がない...(汗)

そんなわけで、この写真もまたまた一人のときのお昼ごはん。
全粒粉のねじれた形のペンネで、アーリオ・オリオ・ペペロンチーノ。
辛~~くしていただきました。(笑)


しかし、もう12月6日なんて・・・早すぎる~~
12月は子供達の習い事&クリスマス関係のイベントでとにかく忙しい。
明後日は老人ホームにてコンサート。長女がピアノを弾きます。
おじいちゃんおばあちゃん達、喜んでくれるといいな。



ランキングに参加中
応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

どうもありがとう!
[PR]
by olivolivo | 2012-12-06 19:45 | パスタ・米

手作りオレキエッテ

b0120269_18303427.jpg

村にあるうちのセカンドハウスは、夏の間はバカンス用として人に貸しています。
昨年はなぜかエミリア・ロマーニャ方面からのお客さんが多く、
なかでもボローニャからいらしたファミリーにはとても気に入ってもらえたようで、
今年も1ヶ月間滞在してくれることになりました。
しかも、今年は嬉しいことに、こんなお土産を持ってきてくれましたよ。

ご主人が南イタリア、プーリアのご出身ということで、彼のマンマが作ったという
手作りオレキエッテ。
「オレキエッテって言ったら、ほら、やっぱりアレでしょ。チーマ・ディ・ラーパ!」
と、パパが言う。でも、今、夏だよー058.gif
奥さんは、「トマトソースでもおいしいわよ。」と言っていたので、
私は、うちのおいしいトマトソースでいいじゃーん・・・とも思いましたが、
パパは、どーーーーしてもチーマ・ディ・ラーパとともに食べたいと頑固に言い張るので、
スーパー&八百屋で探しまくりました。が!やっぱりどこにも売ってません。
結局、妥協してパパは冷凍ブロッコリーでいただきました。(爆)
ちなみに娘たちはアリオ・オリオ・ペペロンチーノ。私はパパと娘たちの合体版。
b0120269_18311293.jpg

手作りですが、すこし乾燥してある半生状態のパスタ。
モチモチした歯ごたえがね、もう最高においしい!!
オレキエッテと一緒に、細長い形(カヴァテッリ?)のも少数混ざっているところが
なんだか遊び心がありますよねぇ。
数が少ないと余計に食べたくなるのが心理ってもんでしょうか?
子供達はこの長いカタチのパスタを取り合いでした。(笑)

実は今年の旅行計画ではプーリア州も候補にあがっていたんですけどねぇ。
やっぱり遠すぎるということで断念。
でもいつか絶対に行きたい場所のひとつです。

さてさて、明日から1週間、キャンプに行ってまいりま~す。
え?どこに行くかって?
うちから車で5時間ほどで行ける、お水がとってもきれいな所です。
帰ってきたら、またご報告しますね~♪
*旅行中はネットから離れた生活になりますので、承認、お返事が遅れます。ごめんなさい。

ランキングに参加しています。
クリック↓して応援していただけると嬉しいです。どうぞよろしく♪
人気ブログランキングへ

どうもありがとう!
[PR]
by olivolivo | 2011-07-31 18:47 | パスタ・米

b0120269_21325225.jpg

日曜日は久しぶりにノンニの家でお昼ごはん。
最近はB&Bが軌道に乗ってきたせいもあり、特に週末が多忙な彼らですが、
先週末は珍しくお客様が入らなかったので(お天気悪かったし)、
一緒に食べることになりました。

私はドルチェにアップル・クランブルを作っていきました。
義母もドルチェにクリーム・カラメル(カスタードプリン)を用意してくれていたので、
お腹いっぱい食べたあとに、デザートがダブルになりましたが、みんなしっかり
食べてましたよ。(笑)

写真はムール貝とアサリのトマトソースのスパゲッティ。
プリモは必ずといっていいほど生パスタが出てくるこの家ですが、
今回は珍しく乾燥パスタでした。
やっぱり魚介類のソースにはスパゲッティやリングイネなどの
ロングパスタが合いますもんね。

貝は殻つきが美味しいけど、子供の面倒をみながら食べる私にとっては
殻なしのもののほうがありがたいというのが本音。
これは殻がないぶん、貝の量も多くて食べがいがありました。
アサリは上の娘にたくさん取られちゃったけどね。


応援クリック↓ポチッ↓と押してくださると嬉しいです。
     【人気ブログランキング】
[PR]
by olivolivo | 2008-05-19 21:43 | パスタ・米

ピンク色のパスタ

b0120269_19264835.jpg

バローロのパスタをどんなソースで食べればいいのか、パスタメーカーに
お問い合わせしていましたが、回答は待てども待てどもこないので、
(ここではありがちなことだけど!)しびれを切らして、
ブラザートのソースで食べることにしました。

しかしこのパスタ、茹でると色がどんどん落ちるんですよ!\(@O@)/
味はワインというより、圧倒的にビーツの味が勝ってるし...

このソースで食べて不味くはなかったけど、自分で買ってまた食べたいとも
思わない。そんなパスタでした。


応援クリック↓ポチっと押してくださると嬉しいです。どうぞよろしく♪
★人気ブログランキング★
★ 料理ブログ★
[PR]
by olivolivo | 2008-01-18 19:41 | パスタ・米

バローロのリッチオリ

b0120269_211273.jpg

クリスマスプレゼントで、友人からこんなかわいいパスタをいただきました。

Riccioli al Barolo(リッチオリ・アル・バローロ)という名のパスタで、
ピエモンテ州の有名な赤ワイン、バローロが中に入った乾燥パスタです。
赤い色は、ワインの他にビーツが3%入っています。
リボンを折ったような形が愛らしいですよね。

さて、こういう珍しいパスタ、どうやって食べるのが良いのでしょう?026.gif
せっかく食べるなら、おいしく食べたいもんねぇ。

あいにくパッケージにも、どんなソースが合うとか書いてあるわけでもない。
ネットで調べてみても、見つけられず...

その話をしたら、うちのパパったら、
昨日この会社にメールでお問い合わせしてました。005.gif
はたして回答はくるのだろうか...


応援クリック↓ポチっと押してくださると嬉しいです。どうぞよろしく♪
★人気ブログランキング★
★ 料理ブログ★
[PR]
by olivolivo | 2008-01-14 21:09 | パスタ・米

スパゲッティ・リガーテ

b0120269_2340599.jpg

イタリアにはたくさんの種類の乾燥パスタがありますが、その中でも
特に私がお気に入りのロングパスタはコレ。
スパゲッティ・リガーテ(spaghetti rigate)。
西リグーリア、インペリアに本社があるAgnesi社の乾燥パスタです。

乾燥パスタのリガーテとは、ソースがパスタに絡みやすくなるように、
細かい溝があるものです。
ショートパスタでは数多く見られますが、ロングパスタでは珍しいのです。
数年前、これが新製品で出たときは、それはそれは感動したもんです。

なんといっても、パスタとソースの絡み具合が抜群!
よく見ると、パスタの断面がお花の形をしているものカワイイんですよ♪

そんなスパゲッティ・リガーテ。比較的どんなソースにも合うと思いますが、
我が家では特にカルボナーラが人気です。


クリック↓どうぞよろしくお願いします♪
★人気ブログランキング★
[PR]
by olivolivo | 2007-09-28 00:01 | パスタ・米