「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:魚介類( 8 )

ソウダガツオ

b0120269_1892095.jpg

大きなお魚を買ってきましたよ。2キロあります。
ソウダガツオです。こんなに大きくてもたったの6ユーロ。もちろん特売(笑
イタリアでソウダガツオを食べるのは初めて。というよりイタリア人がカツオをどうやって食べるのかが気になって魚屋さんに聞いてみたら、「オーブンで焼いてもいいし、煮てもいいし、まぁマグロのようなもんよ。」という答えが返ってきましたけど、そんな食べ方でおいしいのか。
b0120269_1811589.jpg

さっそくさばいてみましたが、うーむ、かなり臭います。血の香り(苦笑)
すごいわ、この血の量・・・と感心してしまうほど。
でも魚というよりは、お肉と呼んだほうがいいくらいの身のつきっぷり。
立派な鰹節ができそうです。作れないけど

初めて食べるお魚は、よく味わうために、オリーブオイルでさっと焼いて塩で食べることが多いけど、これはその食べ方ではちょっとキツい。
結局、私とパパはしょうが醤油で、娘達は生姜が苦手なのでわさび醤油で、白いご飯とともにいただきました。

懐かしい日本の味~♪ 私はひたすら感激して食べましたが、パパは無理して食べてました。(苦笑)娘達にはなかなか好評で、おかわりしてくれたのにはビックリ。小骨が少ないからかもね。
なんせ大きいカツオだったので、翌日のお昼ごはんもパパ抜きでカツオ三昧。
臭いが強くなければ、もう少し食卓へあがる回数が増えるんだけどねぇ。
家の中の魚臭をとるのがホント大変でした。(涙)



ランキングに参加中
応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

どうもありがとう!
[PR]
by olivolivo | 2012-10-26 18:29 | 魚介類 | Trackback | Comments(22)

ヌードなアンコウ

b0120269_21133053.jpg

クリスマスの昼食用のお魚を買ってきました。
本当はコレを作ろうと思って、大きなヒラメを探していたのですが、港や魚屋さんをチェックしても、なかなかうまい具合には見つからないもんですね。

今朝も懲りずに港へでかけたら、アンコウを見つけました。
このアンコウ、なんと3kgもあるのです!!
アンコウを丸ごと買ったことなんてないし、さばくの大変かなぁと思っていたら、漁師のおじちゃんは「買ってくれるなら、さばいてあげるよ。値段は45ユーロだけど40ユーロでいいや」
と言われたので、すぐに仕事中のパパに電話で相談。即OKをもらいお買い上げしました。

アンコウといったら、私は鍋しか思いつかないので(汗)、おじちゃんにイタリア式おいしい食べ方を聞いてみたら、「煮込んでも、オーブンで焼いても、実をほぐしてパスタに入れても美味しいよ。」とのアドバイス。隣にいた知らないオバちゃんからは「スープも美味しいわよ~」との横槍も入りました(笑)。

漁師のおじちゃんがさばいていたとき「肝は捨てないで」と言おうとしたら、心配無用。「レバーはうまいから残しておくからね」と言われました。イタリアでもアンキモ食べるんだねぇ。

そんなわけで、ヒラメからアンコウにメニューは変更。
実際に料理するのは日曜日なので、冷凍したほうがいいか聞いてみると、3日くらいなら冷蔵保存でも大丈夫とのことでしたが、やっぱり心配なので、パパと娘達に姿を見せたあとに冷凍する予定。(笑)

うちに帰って、まな板の上にのせて写真撮影しようと思ったけど無理でした。
だって、皮をはがされ、内臓とられたあとでも、まだ元気に動いているんだもーん。
そんなわけで、シンクに入れたまま撮影しましたよ。早く娘達にみせてあげたいな。(笑)


ランキングに参加しています。
クリック↓して応援していただけると嬉しいです。どうぞよろしく♪
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ

どうもありがとう!
[PR]
by olivolivo | 2011-12-22 21:18 | 魚介類 | Trackback | Comments(8)

新鮮ヒメジ

b0120269_218551.jpg

久々にお魚の話題です。
今朝はこれを買ったときとおなじオジちゃんからヒメジを買いました。奮発して大きいサイズにしましたよ。
大きいのはキロあたり20ユーロですが、「今日は客の入りが悪いから、全部売れねぇかもしれねぇから、箱の中のヒメジ全部買ってくれるなら15ユーロにオマケするよ。」とのご提案。結局1キロだけ買うことにしたのですが、1キロ分を計ったあと、さらに1尾、そして小さなサイズのヒメジも3尾おまけにつけて15ユーロにしてくれました。
b0120269_2183319.jpg

全部で大きいのが9尾、小さいのが3尾。
b0120269_222559.jpg

下処理したあとは半分に分けて、今日の夕飯と、明日のお昼のおかずに。
今日は白ワインでサッと蒸し焼きにして、サラダと一緒に食べる予定。
明日はどうしようかな・・・時間に余裕があれば(子供達のために小骨を取らないといけないからね)フライにしましょ。


ランキングに参加しています。
クリック↓して応援していただけると嬉しいです。どうぞよろしく♪
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ

どうもありがとう!
[PR]
by olivolivo | 2011-12-04 02:27 | 魚介類 | Trackback | Comments(4)

小さなヒメジ

b0120269_23385283.jpg

小さなヒメジをたくさん買ってきました。
以前ヒメジのホイル焼きを作ったときに買った同じオジさんからです。
ちょっと遅い時間に行ったので、選ぶほどのお魚もなく、
というか、これしかなかった。(笑)
「キロ10ユーロ」とのことだったので、1キロ買うことにしました。
オジさんが魚を袋に入れて量りにかけたら、100gオーバー。
でも、さらに4尾ほど追加してくれて、10ユーロにしてくれました。
もうお客さんも来なさそうな時間だったしね・・・奮発してくれたみたい。
家に帰って、数えてみたら25尾もありましたよ。
早速、下処理をして、8尾をお昼ごはんのおかずに。
フライパンでササっと蒸し煮にして、お醤油をかけて食べました。
美味美味~♪


ランキングに参加しています。
クリック↓して応援していただけると嬉しいです。どうぞよろしく♪
人気ブログランキングへ

どうもありがとう!
[PR]
by olivolivo | 2011-06-04 23:43 | 魚介類 | Trackback | Comments(6)

小さな鯛

b0120269_16465284.jpg

パパが港で小さめの鯛を買ってきました。
赤とグレーのお魚それぞれ7尾ずつで、計14尾。6.50ユーロ也。

赤いほうはマダイだと思います。
グレーっぽいほうの魚は以前にも何度か
食べたことがあるのだけど、名前がイマイチよくわかりません。

とりあえず下処理を済ませて、軽くフライパンでオリーブオイルと塩でソテーしたあと、
さらに醤油をかけて食べました。
2種類のお魚の味を食べ比べてみると違いがよーくわかります。
赤はしっかり淡白な鯛の味ですが、グレーのほうは白身ではあるものの
かすかにコッテリしているので、パパと子供達にはグレーのお魚のほうが
人気がありました。


今日は母の日ですね。
わが町では、母が楽しむ・・・ではなく、子供が楽しむ母の日のイベントがあって(笑)
数日前から行きたがっていた娘たちでしたが、長女が金曜の夜から発熱したおかげで
いけなくなってしまいました。
というわけで、今週末は、子供達は家で遊び、パパは園芸、
私はたまっている家の仕事を片付けてます。母の日なのに・・・むなしい。(>_<)


ランキングに参加しています。
クリック↓して応援していただけると嬉しいです。どうぞよろしく♪
人気ブログランキングへ

どうもありがとう!
[PR]
by olivolivo | 2011-05-08 16:58 | 魚介類 | Trackback | Comments(6)

フリット用の小さな鯛

b0120269_22594422.jpg

土曜日に買った小魚の鯛ちゃん。

この日は港に着いたのが11時すぎになってしまい、
ほとんどの漁船がお片づけモードに入っていて、
売れ残りっぽい魚ばかりでしたが、
小魚がいろいろ入った箱が目に留まりました。
漁師のおじさんが、「これはフリット用だよ」というので
フライが好きな子供達のために、少しだけ買うことに。

ところが漁師のおじさん、袋に何尾もボンボンと詰めていくので、
「あぁ、もうそのくらいでいいです・・・」と心配になっていたら、
「心配すんねぇ。5ユーロでいいから。」
その言葉を聞いて少し安心。(笑)
フリット用と言われただけで、なんの魚なのかもよくわからず買ったので
家に帰って魚を見るまでのお楽しみもありました。(笑)
ちなみに、中には鯛が22尾、ホウボウ6尾、シタビラメ1尾。
合計29尾で5ユーロ!

実はこの他に別の船からヒメジを10尾買ったので
お魚の数は全部で39尾。
数が多くて処理に泣きそうになりましたー(号泣)

作業中は邪魔が入るしね・・・
b0120269_2322277.jpg

小鯛ちゃんは、完璧に娘達のおもちゃにされていましたし。
だから余計に作業が進まない・・・
次回は大きなお魚を数少し、買うことにします!


<本日のコネタ>
今日は聖ジョヴァンニ・バッティスタの日。
イタリアではこの日が祝日の町も多いかと思います。
我が町は祝日ではないけれど、毎年聖ジョヴァンニの日は
1週間ほどお祭りで賑わい、当日の今夜は花火が打ち上げられます。
でも、うちは長女が花火の爆音が苦手なため、
打ち上げ場所の近くで花火鑑賞をすることができない。
でも6歳なんだしねぇ。今年は少し遠くの丘の上から、
花火を見物しにいこうかと思っていますよ。
長女は耳栓持参で車の中から見る・・と言ってますけど。(笑)


ランキングに参加しています。
クリック↓して応援していただけると嬉しいです。どうぞよろしく♪
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ

どうもありがとう!
[PR]
by olivolivo | 2010-06-24 23:05 | 魚介類 | Trackback | Comments(16)

ペッシェ・プレーテ

b0120269_21553528.jpg

今日のモデルさんはフォトジェニックではないです。(汗)つーか、怖い?
実は、またまた漁船からお魚を買ってきたのです。
いままで魚の買出しはパパに頼んでばかりだったけど、
今回は私も一緒に行って、しっかり魚を吟味してきましたよ。

このたびの収穫は、鯖4尾、ナゼッロ(メルルーサの一種)2尾、
そして、今までに食べたことのない、このお魚。(写真トップ)
その名は、ペッシェ・プレーテ。
日本語ではなんと呼ぶのかわかりません。
直訳すると、「カトリック司祭の魚」 なぜに???(笑)
他にも地域によっていろいろな名前がつけられているようです。
水深15~250mの海底で砂に潜って生息している魚だそうです。

なんとなくアンコウを小さくして細身にした感じの魚ですが、
バタバタと勢いよく動く姿がとても新鮮に見えて、
私が釣られて買ってしまいました。(爆)
今回はオマケの魚も含めて11尾。
うちに帰って、急いで下処理をしようと思ったら、
ペッシェ・プレーテさんが、まだ動いている・・・
写真を撮っている間も、バタバタ動きっぱなし。
しかも、この魚、ヌメヌメ度100%。
つかもうとしたら手から見事にすり抜けられました。ウナギみた~い!
思わず悲鳴をあげてしまった私のところへ駆けつけたパパが
ボソっとこう言った。

「塩水につけたら、泳ぐかな?」 エエエーッ?

娘達が、この言葉を聞き逃すわけがない。

そのあと、彼女達に「お水にいれて!いれて!」と懇願され、
キッチンのシンクが水槽に早がわり。(泣)
さすがに泳ぎはしなかったけど、ペッシェ・プレーテさんは
元気になってしまった!(唖然)

b0120269_21582483.jpg

長女次女ともに触りたがるのだけど、お耳のあたりに
ついているトゲには毒があるらしいので、触るのだけは
ガマンしてもらいました。

処理をお待ちになられているお魚様がいるっちゅーのに、
作業はできないし、このまま流し台で水族館の営業はできかねますので、
娘達がその場を離れたあとに、こっそりお水を捨てさせてもらいましたよ。
せっかく元気になったのにね、私って残酷だな・・・

そのあと、私は魚を順に処理していき、最後はペッシェ・プレーテの番。
やっぱり掴もうとするとバタバタするので、
「いただかせてもらいます。ゴメンよ!」と謝って、
お腹にメスを入れさせていただきました。

が、内臓を取り除いても、まだ動いてるんだよーーーー!(驚愕)

さて、漁師のおじいちゃんには、「ちょっと身がしまっているから
じっくり煮込んだほうが美味しいよ」とアドバイスされたので、
野菜のブロードと一緒に煮込んでみました。
写真は撮りませんでしたけど、淡白でひきしまった白身は
クセがなく、とても食べやすかったです。
ただ小骨がちょっと多いかな・・・という気はしましたけどね。
かわいそうなことしたけど、でもホント美味しくいただきました。

ところで気になるお値段。
ナゼッロとペッシェ・プレーテはキロ15ユーロだけど、
量りにかけたら、700gくらいしかなかったので、12ユーロと
言われました。(あの~、あの~、高くなってませんかー?(笑))

パパが前回このおじいちゃんから鯵を買ったと聞いていたので、
「このあいだの鯵、生で食べたけど、とてもおいしかったよ。」と伝えると、
「そうかい、そうかい。じゃ、これ10ユーロでいいや。これもオマケしとくよ。」
といって、小鯵を3尾つけてくれました。 ラッキー!!
「明日来てくれたら、大きい鯵を獲ってきてやるよ」とも言ってくれた。
さすが、じいちゃん鯵釣りのプロだね!(笑)

おじいちゃんに顔を覚えてもらったから、次回は私ひとりで買いにいこうかな。
でも、このおじいちゃん、イタリア語ではなく、リグーリア語で喋るので、
言葉を聞き取るのが、ちと大変なんだけどねぇ。(笑)

次回もお魚ネタが続きます。
鯖のお料理をご紹介しますね!


<本日のコネタ>
もうすぐ幼稚園の1年目が終わろうとしているというのに、
次女、昨日一昨日と幼稚園に行きたがらない病に
なってしまいました。
原因は、大好きなM先生に叱られたから。
M先生が他の先生と大切な話し合いをしているとき、
次女がしつこく話しかけて邪魔をしたらしい・・・
家でもよくあるシーンです。(苦笑)
M先生が、少々強い口調で「やめて!」と言ったら泣いてしまったんだって。
大好きな先生なだけに、怒られたことがショックだったんだよね。
でもまぁ、今朝は泣かずに教室に入っていったのでホッとしました。
2日間かかったけど、M先生、次女の信頼を取り戻したようです。
ホント先生って職業は大変だね。


ランキングに参加しています。
クリック↓して応援していただけると嬉しいです。どうぞよろしく♪
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ

どうもありがとう!
[PR]
by olivolivo | 2010-06-10 22:43 | 魚介類 | Trackback | Comments(30)

トータニ

b0120269_011595.jpg

昨日「週末のピッツァ」と題しましたが、実はピッツァ以外のものもありました。
私はピッツァを食べたけど、パパが食べたのは「フリットゥーラ」
リグーリアでフリットゥーラと言えば、大抵ヤリイカの揚げ物のことを指し、
そのイカのことを「トータニ」と呼びます。
イタリアで食べられているヤリイカには、カラマーリとトータニの2種類あるんですが、正確には、カラマーリは白っぽいイカ、トータニは赤っぽいイカのこと。
でも、リグーリア人には、どちらもトータニみたいですけど...(^ ^;


クリック↓どうぞよろしくお願いします♪
★人気blogランキング★



[PR]
by olivolivo | 2007-07-29 00:25 | 魚介類 | Trackback | Comments(2)