小学校での出来事

b0120269_19344211.jpg

10月も後半だというのに、暖かい日が続いている西リグーリアです。
先週末、ビーチのそばを通ったら、水着で海水浴している人がたくさんいてビックリ。
そんな陽気なので我が家も土曜日は釣りへ、日曜日は森を歩いてきました。
写真は森の中でおさめた1枚。


さて、前回、触れた小学校での事件をお話しようと思います。

わが娘の通う小学校は、1年生から5年生までクラス替えというものはなく、通常は5年間、先生もお友達も変わらず同じ環境で勉強することになります。教科ごとに担当の先生が違うのですが、国語の先生と算数の先生は担任、副担任となり、クラスの要の先生です。

ところが、3年生になり、担任の先生が2人とも変わってしまう事態に。一体どうして?
多数の保護者が理由を知りたくて、校長先生に問い合わせるも、なかなかアポがとれず。仕方がないので一部のママ達が集まり情報交換をしたところ、事実がだんだんわかってきました。

前年のクラス代表役員のE君のママと、友達のIちゃんのママが、国語のS先生が厳しすぎると、日ごろから文句を言っていたらしいのですが、なんとE君ママは副校長先生に、あたかも保護者全員がS先生に対して不満があるかのように苦情を申し立てたのでした。保護者代表からの要求とあらば、学校側も対処するでしょう。おかげで国語のS先生が担任を外され他のクラスの社会の先生へ降格。
では、算数のI先生はどうしていなくなってしまったのでしょう?表向きは個人的な理由で別の学校へ転勤願いを出したということになっていますが、じつはI先生とE君ママは友人関係にあるため、E 君ママがI先生を巻き込んで、2人で結託してS先生を攻撃していたとも言われています。その辺も異動に影響があったのではないかと思います。

2人の先生がいなくなってしまったあとは、国語は社会を担当しているG先生が兼任することになりました。算数はトリノからやってきた新しい先生になりました。算数のA先生は優しくてしっかりしていて早くも子供達から信頼を集めています。でも、G先生がね。ちょっと変わり者でして・・・子供達はがっかりです。
ちなみにE君ママと一緒に事をひっかきまわしていたIちゃんは、G先生はS先生よりも嫌いだからと、転校していきました。(信じられん!)

かわいそうなのは担任を外されたS先生です。S先生は長女が小学生時代に5年間お世話になった先生。確かに宿題が多くて勉強面では厳しいけれど、生徒思いで真面目で教え方も上手でとても優秀な先生なのに。
後日、校長先生を交えて話し合いをしたときに、多数派の保護者がS先生に戻ってきてもらいたいと嘆願しました。来年戻ってきてくれることを期待しているのですが。

そして、今年の役員投票日。
今までは、役員になりたい人がいるなら、どうぞお願いします。という感じで投票していたけれど、(たぶん他の親御さんもそうだったと思う)今回は適当に票を投じてはいけないということを皆で実感した投票だったと思います。
今年から次女のクラスだけは特別に、役員は1人だけではなく、3人を選出することになりました。
今回選ばれた役員は、母親だけではなく、父親もいるので、もう大丈夫だと思います。

一部の大人のせいで、ふりまわされた子供達が一番の被害者です。
でも、頑張ってもらうしかないですね。




ランキングに参加中
応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

どうもありがとう!
[PR]
トラックバックURL : http://olivolivo.exblog.jp/tb/23602869
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by oz55mama at 2014-10-21 20:07
yukakoさん こんばんは

まぁ〜そんな大変な事が起きていたんですね^^;
子供たちも、先生も気の毒です。
お疲れさまです。先生が、戻って下さるといいですね。
それにしても、かき回したあげく、引っ越すなんて信じられない。




Commented by yk-voyant54 at 2014-10-21 21:10
なんだこれ?っと思ってしまいました。
親が口出しするんだね。と、私の思い出もコレに近い話ですよ。笑
同じ日本の中の話でも、あるんだねってことになるけれど、
yukakoさんはイタリアじゃあないですか。びっくりです。
ところで暑いの?日本は今年寒くなるのが早いです。
おかげで気持ちはクリスマスに近づいていますよ。
Commented by kei-kana38 at 2014-10-21 22:13
こんにちは。
日本の学校でもいろいろな保護者がいらっしゃいますが、
幸い娘の学校ではあまりきかないですね。
子供が被害者になるのはダメよね~。
先生が戻ってきてくれるといいですね~。
Commented by tomomato at 2014-10-21 22:58
あら〜〜 イタリアでもモンスターペアレントがいるのですね。 子供の言うことを真に受けてきちんと状況を見られない人もいるから・・・・  先生がかわるというだけでも非常に混乱を招くのに、 本当に大変ですね。  先生、戻ってきて〜〜〜〜
Commented at 2014-10-22 08:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by olivolivo at 2014-10-22 17:37
☆ひつじさん
こんにちは。
いろんな人がいるもんですよね。
お友達が転校してしまったことには、私も開いた口がふさがりませんでした。子供の意思というよりは親のわがままだと思うのです。
Commented by olivolivo at 2014-10-22 17:44
☆ボヤントさん
本当に、なんだよこれ?ですよね。(笑)
イタリアも変な人いっぱいいますよ~。みんな思ったことをガガガーっと言う人が多いので、収拾がつかなくなるときもあります。じつは校長先生を交えての話し合いの時、みんなから責められたE君ママは怒って途中で帰っちゃったんです。もうここまでくると笑えてしまう。
こちらは、まだ暖かいのですが、明日あたりから急に寒くなりそうな予報です。
Commented by olivolivo at 2014-10-22 17:54
☆keiさん
こんにちはー
どこの国にも変な親はいますね。
私はS先生が戻ってきてくれるとうれしいのですが、勉強嫌いの子供とその親は、宿題がなくなって喜んでいるので、先行きが少し心配です・・・
Commented by olivolivo at 2014-10-22 18:01
☆tomさん、
あー、そうか~。これがあのモンペというやつなのね。(笑)
モノ申す前に自分と子供の行動を見直したほうがいいんじゃないの?って感じよ。今年はいい先生を失って、本当に残念です。来年は戻ってほしいわー
Commented by jimiko13 at 2014-10-22 21:28
Yukakoさん こんばんは

いろんな人がいるんですね。
信じられないです。
学校って簡単に変われるもんなんですかねぇ…
子供の将来が心配(*_*;
Commented by africaj at 2014-10-22 23:43
E君ママは、そんな事態の後も平然といられてるんだから、すごいなー。危険危険。E君、まともに育つのかしら。
先生戻ってきて~。
Commented by Sirius at 2014-10-23 08:31 x
こんにちは
いったい何があったのかな?とずっと思っていました。
先生が厳しすぎる、というのは、子供や親によって受け取り方も違いますし、長い目で見れば、厳しい先生の方が、後々の子供の将来にとっては有効にhなることの方が多いですよ。やさしい先生の優しさの質もあると思いますが、生徒に迎合したり注意すべきところを見逃すような先生では、こまります。保護者からの訴えがあったのなら、まず調査をすべきでしたね、役員付の先生方は。アンケートを丹念に保護者からとって、授業風景を見学して、問題視されている先生本人とも話し合って、そのあと更迭すべきでした。日本の学校も下手な運営が多いけど、外国もシカリ、ってとこなんですね~。いずれにせよ、お疲れ様でした。
Commented by olivolivo at 2014-10-23 16:24
☆鍵コメ at 2014-10-22 08:51さん
こんにちは。
そうなのです。一番に考えてあげなくてはいけないのは子供たちのことですよね。事件が起きる前に皆で話し合いの場がもてたら状況は変わっていたかもしれないのに・・・と思うと残念です。
来年に期待しているのですが・・・
Commented by olivolivo at 2014-10-23 16:28
☆jimikoさん
こんにちはー
学校は普通は簡単には変われないのですが、他にも理由をくっつけてゴネまくったんだと思います。(笑) 子供も大変でしょうね。
Commented by olivolivo at 2014-10-23 16:37
☆africaさん
E君ママは平然としています。そこがすごいと私も思う!(笑)
信用がた落ちのE君ママなので、周りはあたりさわりなく接するようにしてます。子供たちの中には親からその話を聞いて知っている子もいるのですが、仲間はずれにしたりすることもなく、仲良くしているみたいなので、そこはひとまず安心です。
Commented by olivolivo at 2014-10-23 17:22
☆Siriusさん
こんにちは。コメントありがとうございます。
私はどちらかというと厳しいくらいの先生のほうが子供の将来のためには良いと思うのですが、まだ小学校低学年だと個人の発育にも差があるし、宿題を家庭でサポートできる人とそうでない人がいるので、その辺は親が判断を誤ると大変なことになるだろうと思うのです。。娘の学校は各学年2クラスあり、それぞれプログラムが違うのです。別のクラスは共働きの親が多いフルタイムのクラスで宿題が少ないので、そんなに文句を言うほど授業がしんどいなら、初めからそちらのクラスを選べばよかったのに・・とも思うのです。
長くなるので、続きます。
Commented by olivolivo at 2014-10-23 17:22
☆Siriusさん
つづきです。
学校側がきちんと調査をすべきだったことは私も同感ですが、事が動いたのが夏休み中だったことも運が悪かったといえます。なにか問題があることがわかった時点で、親全員を集めて話し合いをするべきだったと思います。それを仕切るのが役員の仕事。でもその役員が自分の仲良しさんだけで事を進めてしまったことは絶対に許せないことです。彼女を役員として選んでしまった私たちもいけなかったのですが、こんなこと起きるなんて誰も思っていませんでしたから。
でも、この事件が起きて以来、保護者同士の団結力みたいなものが増したような気もします・・・と前向きに考えることにします。(笑)
Commented by くみこ at 2014-10-25 02:22 x
うちは先生じゃなく、クラスの1人の男の子をめぐって、なんか、その男の子の母親以外の保護者を呼んで、集会がありました・・・リーダーはもちろん保護者代表で、先生と話した結果を報告するということだったので私も行ったのですが・・・チルコロで集まったので、(いかんせん田舎なので)こそこそ奥で、問題児とされるその男の子はalunno in questioneとか呼ばれちゃって、もうその時点で帰りたくなりました。私や他の数人は、そんなの問題児に入らない、先生とクラスの子に任せようとあまりとり合わなかったのですが、その子が体が大きく、(その時点ではその子と気が合わない男の子だけにですが)押したり、ひっぱったり暴力をふるう、うちの子がもし何かされたら!と、それはもう、凄かったですよ~滝汗。この保護者代表は2年やってもうやりたくないとなり、今年は初のパパ代表で個人的にもほっとしてます・・・しかし、先生を追い出すってのはホントひどいし、私も個人的には厳しい先生の方が好きです!
*ブログ引っ越しました。っても相変わらずカメ更新ですが・・・苦笑
Commented by olivolivo at 2014-10-25 21:10
☆くみこさーん
おお〜!そちらにもすごい親達がいるのねー。うちの子がなにかされたら…って、何となくわかるわ。(笑)こっちは過保護に育てている親も多いもんね。長女の学年でも、問題児的なルーマニア人の男の子がいるんだけど、特別に彼の面倒を見る先生がついてかなり良くなったよ。先生が愛情を注いでいるから男の子も心開いている様子を見て、なんだか金八先生を思い出したりもしました。(笑)
久美子さんのところも男の人が代表になってくれて良かったね。
ブログ、のちほど伺いますねー
by olivolivo | 2014-10-21 19:41 | 日常 | Trackback | Comments(19)