甘い渋柿

b0120269_544131.jpg

イタリアでKakiといったら「渋柿」
硬いうちに収穫し、柔らかく熟すまで待ってからスプーンですくって食べます。
最近は食べごろを見極めるのにも慣れてきましたが、イタリアに来たばかりの頃は、熟した柿と腐った柿の区別がつかなかった私です。(笑)

私はこういう食べ方はどうも苦手。そんなわけで我が家にある柿のほとんどはパパと次女のお腹の中へ収まっております。
ちなみにイタリアでも甘柿は買えるのですけどね。これはKaki Melaと呼びます。直訳すると、柿りんご。
でも、柔らかい食べ方に慣れているイタリア人にしてみると、硬い柿のほうが抵抗あるのかも。圧倒的に渋柿のほうが人気あります。(笑)



ランキングに参加中
応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

どうもありがとう!
[PR]
トラックバックURL : http://olivolivo.exblog.jp/tb/21561517
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by go--neko-chan2 at 2013-11-30 06:30
こんにちは。

こちらでは大きな三角の柿が売られてますが、どうして食べるのかと調べたら熟させて柔らかいのを食べるんだそうです。昨年その柿をたくさん頂き焼酎で渋抜き、皮をむいて天日干しさせとっても美味しく頂きました。。。日本の柿が出回ってますが。。や借り食感がありいいですね♪お国が変わると食べ方にも様々なんですね。
Commented by tomomato at 2013-11-30 06:30
うちは、 渋柿はグラッパで渋抜きして堅いうちに食べます。私もどちらかと言うとこの柔らかいのよりは(美味しいとは思うけれど)堅い柿の方が好きです。  堅ければ、サラダに入れたりも出来ますしね。後は柔らかいのを冷凍しておいて夏に食べたり、干し柿作っています。
Commented by olivolivo at 2013-11-30 06:52
☆ねこちゃんさん
こんにちは。
アメリカでも熟した柿を食べるんですね。天日干しされた柿も美味しそう!
本当に所変われば・・・ですね。
Commented by olivolivo at 2013-11-30 07:02
☆tomさん
グラッパで渋抜きってイタリアらしい~~(笑)
干し柿、パパが日本で食べて気に入ってたので、私も作ろうかとも思ったんだけど、次女が熟柿が大好物なもんで、そのまま熟させてます。冷凍して夏食べるってのもいいアイデアねぇ。
Commented by un_voyage at 2013-11-30 16:16
Kaki Mela...柿りんご♪
何とも美味しそうな響きですね~!!!
イタリアでは熟した柔らかい柿の方が一般的なのですね...
私もカリッと食感のある硬い柿の方が好みだなぁ◎
Commented by ジュリア at 2013-12-01 00:11 x
毎年この時期になると「干し柿が作りたい・・・」と思うのですが、うちはちょうどいい干せる場所が無いので未だに実行してません。
ベランダに干しておいて、仕事に出かけたら雨が降ってきた・・・なんて事になればお終いですからねぇ。
母が毎年作ってるのですが、この時期に帰れないのでずーっと食べてません。(T_T)
うちも今ちょうど渋柿が3個、熟すのを待ってる状態ですが、私は固い方が好きですね。
Commented by tegiyuki at 2013-12-01 14:33
こんにちは^^

わぁ。韓国と同じです。私もブログに載せようと思っていました。
渋柿をジュクジュクになった物を、冷凍してシャーベットにしたり
そのまま頂いたり。今の季節マートにはこの様な柿が多く並んでいます^^

Commented by ジョニィー at 2013-12-01 16:34 x
こんばんは。
イタリアでも、KAKIと呼ばれているのですか。向かいのお宅の庭にも渋柿の木が1本ありまして、毎年実をつけていて何時も頂いております。プーンと渋抜きの焼酎の香りがして、食べる前から食欲を増すような雰囲気がします。スーパーへ行きますと、今が盛りの果物が豊富に並んでいまして、柿、りんご、みかん、バナナが多く、只今交渉中の環太平洋パートナーシップ協定の締結を見越して、札幌市内にもバナナ熟成倉庫を建設したなどと言うニュースが流れております。そして、海外から色々な果物が輸入されることになりますと、北海道のりんご、ぶどう、梨などの果樹農家は、どうなるのか心配になります。
Commented by olivolivo at 2013-12-01 17:47
☆un_voyageさん
私も歯ごたえがあってあまーい柿が好き♪
この間、un_voyageさんのブログに出てきたような柿が食べたい!!(笑
Commented by olivolivo at 2013-12-01 17:50
☆ジュリアさん
そうそう、日本は今の時期は乾いているけど、こちらは湿気が多いですからねぇ。やっぱり干し柿って日本で作られるからおいしいのかもしれませんね。
お母様手作りの干し柿、いいなぁ。
Commented by olivolivo at 2013-12-01 17:51
☆ゆっこさん
こんにちは。
韓国でも柔らかくして食べるんですね。
シャーベットにするもの良いですね~
Commented by olivolivo at 2013-12-01 17:54
☆ジョニィーさん
こんにちは。
日本の果物は海外のものよりも何倍もおいしいと思うので、負けないで頑張ってほしいです。
Commented by uhihihihi at 2013-12-01 22:28
こんばんは
イタリア語でも柿はカキなんですね~。
熟した柿ってこんな感じになるのね。干し柿っぽくもあるのかな?
実は柿苦手なので、あまりよくわからないんですー(^ ^;)
Commented by tantan_quelle at 2013-12-02 06:11
イタリアでも柿がKakiという名前であるのは知っていましたが、一般的に出回っているのが渋柿とはビックリです!
私は硬くて甘い柿が好きです。
最近は日本の物に近い柿がベルリンでも売られるようになり嬉しいです。
昔イタリア人の友達が柿のことを「イタリア語でKakoって言うのよ」と教えてくれ、「日本語と似ているね~」と言っていましたが、後に彼女はKakiを複数形だと思い勝手に単数形を作っていたと判明しました!(笑)
Commented by olivolivo at 2013-12-02 06:51
☆うひひさん
そうなの。イタリア語でもカキなんですー
干し柿とはちょっと違うかなぁ。ドロドロ、ジューシーです。(笑)
Commented by olivolivo at 2013-12-02 06:54
☆たんたんさん
そうなんですよ。一見おいしそうに見える柿だけど、実は渋柿で、甘柿のつもりでお口へ入れたら大変なことになります。(経験者・・笑)
そうそう、単数だとkakoです。(笑)
Commented by noeboo at 2013-12-03 09:56
渋柿って熟柿のことなのかな。。。?
日本の柿とはまた種類が違うのでしょうね。
我が家は熟柿を好きなのは私だけなのですが、冷たくして暖かい部屋で食べるのが大好きです。とろとろの甘い柿、のどごしが最高です。
日本だと、渋柿は干し柿にしたり、甘くするために、昔子供のころは
ビニール袋に焼酎を入れて渋柿を入れて、渋を抜いたりしてました。
Commented by olivolivo at 2013-12-03 22:23
☆noebooさん
はい。渋柿が熟れたもののことです。
noebooさんもこういう食べ方お好きなんですね。
柿の食べ方も人それぞれ好みが違いますね。
私はあまり柔らかいのは苦手ですが、うちは次女がこの食べ方大好きです。
by olivolivo | 2013-11-30 05:17 | 果物 | Trackback | Comments(18)