フレッシュトマトとバジリコのソース

b0120269_20304365.jpg

今年もトマトが豊作で、2日おきに30~40個くらい収穫しています。

大量にトマトソースを仕込みたいところですが、なかなか時間がとれないので、大きな袋に入れて義妹家族へおすそ分け。
b0120269_20321119.jpg

我が家の食卓は、お昼ごはんも、晩ごはんもトマト。(笑)
さすがに子供達は飽きてきたみたいですが、贅沢は言わさずに食べてもらってます。

トップの写真はお昼に食べたバジリコ入りのトマトソース。
Voielloの貝殻型パスタ、トファレッレにからめてみました。

ソースの作り方は、鍋に刻んだにんにくをオリーブオイルで香りが出るまで炒めたら、皮をむいて小さく切ったトマトとバジリコの葉2枚を手でちぎって入れ、強火で水分が飛びとろみがつくまで煮込みます。味付けは塩少々のみ。ただトマトの種類によって酸味が強い場合があるので、そのときはお砂糖をちょっぴり加えてね。
b0120269_20332815.jpg

毎年、なにかと学ぶことがある家庭菜園ですが、今年トマトに対して気をつけていることは、水遣りを少なめにすること。

それは、この黒いお尻。写真左にあるのは健康なトマト、右のトマトは尻腐れ病というらしい。なんというネーミング!(笑)
美味しさに変わりはないので、これくらいの尻黒トマトなら、その部分だけ切り取って食べていますが、やっぱり健康に育ってほしいもんです。
b0120269_20334836.jpg

ネットで日本語で調べたら、原因は石灰不足とのこと。でも、うちのほうは水に石灰が結構含まれているのですがね。
で、イタリアの畑関連の雑誌を読んだら、水の与えすぎと書いてあったので、そのとおりに水遣りに気をつけたら、黒いお尻になるトマトの数が減りました。

ただ、大雨にザーッと降られたりすると、トマトの実がパカっと割れてしまったり、尻黒トマトが増えてしまったりするのですよね。しかし、お天気だけはどうすることもできない。トホホ・・・

なにはともあれ、まだまだしばらくはトマト三昧ができそうです。



ランキングに参加中
応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

どうもありがとう!
[PR]
トラックバックURL : http://olivolivo.exblog.jp/tb/20849985
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 3740s at 2013-08-13 21:09
初めてメール致します。
トマト」余り食べられない小生ですが

これを「美味しそう」とメールせずには・・・!

ありがとうございます。  (感)
Commented by olivolivo at 2013-08-13 21:35
☆3740sさん
コメントありがとうございます。
イタリアのトマトは味が濃くて、甘さも酸味もほどよくて、とてもおいしいですよ。
Commented by noeboo at 2013-08-13 21:59
いいですね~トマト三昧なんて、うらやましい、、、、。
以前聞いたことがあるのですが、夏には赤い野菜や果物を食べると皮膚ガンを防ぐと。確かに夏には赤い野菜や果物が多いので自然の摂理なのか、、と思ってます。
たくさん採れるのですね~。みずみずしさが伝わってきます。
そして、トマトとバジルってどうして、こんなに相性がいいんでしょうね~。日本のトマトよりぎっしり味が詰まっているように思えます。
Commented by michiko at 2013-08-13 22:36 x
こんにちは^^
ちょっとくらい尻が黒くても無農薬だからへっちゃらですね♪
大量のトマト、とても新鮮で写真でも張りがあってみずみずしいのが分かりますよ。 美味しそうです~
家庭菜園と呼ぶには立派な収穫、トマトの他のお野菜はどんな感じですか?
Commented by belgium44 at 2013-08-13 23:31
Yukakoさん、こんばんは~♪
2日おきに30個や40個のトマト羨ましい~^^
確かにトマトが続きますよね~、飽きちゃう気持ちもわかるけれど
バリエーション変えて楽しみたいですよね。
尻腐れ病・・・・・(笑)見たままだわ^^
イタリアのトマトは美味しいでしょうね~。
私も日本のトマトでだけど、このトマトソース作ってみます~。
コンキリエが残っているので同じようにしてみようっと。
タイトル変わりましたね~、6年も経つと色々変化も出てくる。
やさしい料理また楽しみにしています♪
Commented by ri at 2013-08-14 00:41 x
こんばんは。
もぎたてのトマトで出来たトマトソースにパスタ。こんな時間にもかかわらず、涎が出ました。完熟すると、本当に真っ赤になるんですね。
Commented by tantan_quelle at 2013-08-14 04:35
exciteのリンクのタイトルが自動で変わっていて、慌ててお邪魔しました。
そういう経緯だったのですね。
とても良いことだと思います。
我が家もなるべく薬に頼らずハーブや食品で免疫力を付け元気にいたいと思っています。
夫は決して病弱ではないのですが以前は冬になるとよく風邪を引きましたが、冬に「ホット生姜レモン」を作って毎日飲む様になってから風邪知らずです。

うちもベランダの鉢植えなので数はしれていますがトマトがどんどん実り始めました。甘くて美味しく、BIOなトマト、嬉しい恵みですよね♪
Commented by kei-kana38 at 2013-08-14 05:55
自分で育てたトマトでトマトソースを作るなんて、
さぞかし美味しいでしょうね。
それにしても、すごい量。
それでも家庭菜園の領域なのですね。
びっくりです。
Commented by juno_y-table at 2013-08-14 11:30
Yukakoさま

はじめまして
トマト三昧と言う羨ましい記事に反応してしまいました。
瑞々しいけど、完熟?のような風味がヒシヒシと~♪
私の住む所にも、トマトの産地があります。
美味しいですよね~
ダイエットにも、美容にもトマトは良いですものね^^

我が家の愚息は”冷えたキュウリとトマトがあれば、何もいらない!”と申しておりますが・・・・・本当に???(汗)
又、お邪魔させて下さいませ。
Commented by olivolivo at 2013-08-14 14:40
☆noebooさん
まぁ、赤い野菜や果物にはそんな力があるんですね。
毎日強い日差しに当たっているので、たくさん食べなくては・・・(笑)
トマトとバジルは名コンビですよね。
イタリアのトマトは、日本のトマトよりも色も味も濃いですよ。
Commented by olivolivo at 2013-08-14 14:44
☆michikoさん
こんにちは。
今年は、トマトのほかにはズッキーニとなすを育てていますが、両方とも少しずつ採れてはいるものの、元気がありません。
当たる年とはずれる年があるので、毎年賭けです。(笑)
Commented by olivolivo at 2013-08-14 14:48
☆さおりんさん
こんにちは~♪
そうなのですよ。さすがに続くと飽きちゃうみたいで・・・
サラダとして食べることが多いのだけど、一緒に合わせる具をちょっと変えたりしてます。
日本のトマトで作ったトマトソースも食べてみたいなぁ。
タイトル変わりましたが、これからもよろしくね。
Commented by olivolivo at 2013-08-14 14:50
☆riさん
こんにちは。
こちらのトマトは種類が数え切れないくらいあって、色が真っ赤のものが多いです。とてもおいしいです。
Commented by olivolivo at 2013-08-14 14:56
☆たんたんさん
ドイツも自然派な生活を送っている人が多いですよね。
ハーブやオーガニックの食品とかも充実していそうでいいなぁ。
生姜レモンや蜂蜜レモンは、喉が痛いときや風邪のひき始めに飲むと治っちゃうことってありますよね。
たんたんさんちのBIOトマト、たくさん収穫できるといいですね。
Commented by olivolivo at 2013-08-14 15:01
☆keiさん
とっても美味しいですー
うちの畑はとても小さいのですが、今年は欲張ってたくさんトマトを植えてしまいました。おかげで、畑内を歩くときが大変。葉っぱがお洋服につくと汚れてしまうので。
Commented by olivolivo at 2013-08-14 15:06
☆juno_y-tableさん
はじめまして。
コメントどうもありがとうございます。
ダイエットにも、美容にも良い・・・と聞くと、もっと食べよう~!という気持ちになりますね。(笑)
冷えたトマトとキュウリは、暑い夏に食べてこそ美味しい野菜ですね。
これからもどうぞよろしくお願いします。
Commented by la_mia_coccolina at 2013-08-15 00:23
Yukakoさん、こんばんは^^
タイトルが変わったのですね~ 北イタリアからの自然派の食や暮らしのお話、これからも楽しみにしていますね♪
つやつやのトマトっ♡
そしてこのトマトソース、おいしそう~♪
採りたてのトマトの匂いって良い香りですよね~ このままかぶりついてもみたいなぁ^m^
Commented by olivolivo at 2013-08-15 05:40
☆coccolinaさん
こんにちは。
そうなの。ブログのお引越しも考えたのだけど、タイトルを変えるだけにとどめました。これからもよろしくね。
トマトの匂いってけっこう強いのよね。かぶりつきにいらっしゃ~い♪
Commented by jenajena at 2013-08-15 22:04
イタリアのトマトはとっても甘そうですね。
そのままでも美味しく頂けるのだろうけど、ソースにしたら、そりゃ~美味しいハズ。
でも沢山あったら作るのが大変だ~。笑

ところで。
タイトルが変わっていたのでビックリしました。
Yokakoさんは(多分)私よりお若いと思うのですが、私は最近コッテリ
料理だけでなく、普通の料理も老化の為?に以前に比べ食べられなく
なってきました。
なので、これからのYukakoさんの料理がとても楽しみです。
これからもヘルシーで美味しい料理の提案、期待しています♪
Commented by olivolivo at 2013-08-16 14:44
☆jenaさん
イタリアのトマトは生食に適したもの、ソースに適したもの・・・などなど、いろいろあるのだけど、私も子供達も生食用をソースにしてしまったものが一番好きです。
トマト栽培しているお宅は、今の時期みんな奥さんはトマトソース作りに励んでいるみたいです。

タイトル変えてしまいましたが、これからもよろしくね。
私は若くないのよ~。長女を産んだ時からしっかりマル高でしたから。(笑)
子供達が小さいからね、なるべく長生きしないとね・・・(現実的・・・笑)
by olivolivo | 2013-08-13 21:04 | レシピ(プリモ) | Trackback | Comments(20)