野菜のミリオット

b0120269_21284.jpg

胃弱な人が家族にいると、当然ながら胃に優しいメニューが食卓に上ります。
粟が胃に良いということを聞いて以来、我が家では頻繁にミリオットを食べるようになりました。
粟版のリゾットと言ったほうがわかりやすいかな。
ちなみに、米(risoリゾ)で作るものはリゾット、麦(orzoオルゾ)で作るものはオルゾット・・・という具合で、粟(miglioミリオ)はミリオットとなるわけね。

だいぶ前にも粟と野菜のスープと題してご紹介したことがありますが、作り方はこれと同じ。ただスープ調にしないで、水分が少なくなるまで煮てしまいます。

お野菜はいつも家にあるものを適当に使っていますが、やはり旬のお野菜をたっぷり入れて食べるのが一番好き♪
今回はこんな具にして作ってみました。
エシャロット 小1個、キャベツの葉3枚、ブロッコリー 適量、にんじん 1/2個、じゃがいも 小1個、水 900ml、スープの素(コンソメ、ブイヨンなど) 1個、塩少々、レンズ豆入りの粟 125g(粟のみの場合は100gにしています)

作り方は、鍋に小さく切った野菜と水を入れて火にかけます。沸騰してきたら固形スープの素を加えて溶かし、お野菜が柔らかくなってきたら、レンズ豆入りの粟を加えて、これらが柔らかくなり、水分がなくなるまで煮ます。最後に塩で味を調節してできあがり。お皿に盛り付けエキストラヴァージンオリーブオイルを垂らして混ぜ合わせていただきます。

自分で作ったブロードを使うときもありますが、そういつもブロードがあるわけではないので、ないときは市販のダード(dado)と呼ばれる固形スープの素や粉末のスープの素を利用します。
ただ、市販の安いダードは原材料を見るとわけのわからない科学調味料が入っているものが多いので、オーガニックのものを使うようにしています。
普通はダード1個で500ml分のブロードができますが、私は1個に対して900mlの水を使って薄味にしています。
b0120269_2132370.jpg

今回は畑で採れたブロッコリーをメインに。
ブロッコリーはうかうかしていると花が咲いてしまうので、収穫できそうなものはすぐに摘み取り、冷凍保存することにしました。

料理雑誌で読みましたが、粟は中世の時代のヨーロッパでは盛んに栽培され食べられていたそうです。近年では影がうすい食材になってしまいましたけどね。たんぱく質や鉄分が豊富なので、特にベジタリアンや高齢者の方は積極的に食べると良いそうですよ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


雨の日が続いています。これから数日も怪しげな天気が続くもよう。
今週末は地元でマラソン大会があるんですけどね。
晴れるかなぁ。子供達とパパが楽しみにしてますが・・・



ランキングに参加中
応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

どうもありがとう!
[PR]
by olivolivo | 2013-03-07 21:10 | レシピ(プリモ)