野菜のミリオット

b0120269_21284.jpg

胃弱な人が家族にいると、当然ながら胃に優しいメニューが食卓に上ります。
粟が胃に良いということを聞いて以来、我が家では頻繁にミリオットを食べるようになりました。
粟版のリゾットと言ったほうがわかりやすいかな。
ちなみに、米(risoリゾ)で作るものはリゾット、麦(orzoオルゾ)で作るものはオルゾット・・・という具合で、粟(miglioミリオ)はミリオットとなるわけね。

だいぶ前にも粟と野菜のスープと題してご紹介したことがありますが、作り方はこれと同じ。ただスープ調にしないで、水分が少なくなるまで煮てしまいます。

お野菜はいつも家にあるものを適当に使っていますが、やはり旬のお野菜をたっぷり入れて食べるのが一番好き♪
今回はこんな具にして作ってみました。
エシャロット 小1個、キャベツの葉3枚、ブロッコリー 適量、にんじん 1/2個、じゃがいも 小1個、水 900ml、スープの素(コンソメ、ブイヨンなど) 1個、塩少々、レンズ豆入りの粟 125g(粟のみの場合は100gにしています)

作り方は、鍋に小さく切った野菜と水を入れて火にかけます。沸騰してきたら固形スープの素を加えて溶かし、お野菜が柔らかくなってきたら、レンズ豆入りの粟を加えて、これらが柔らかくなり、水分がなくなるまで煮ます。最後に塩で味を調節してできあがり。お皿に盛り付けエキストラヴァージンオリーブオイルを垂らして混ぜ合わせていただきます。

自分で作ったブロードを使うときもありますが、そういつもブロードがあるわけではないので、ないときは市販のダード(dado)と呼ばれる固形スープの素や粉末のスープの素を利用します。
ただ、市販の安いダードは原材料を見るとわけのわからない科学調味料が入っているものが多いので、オーガニックのものを使うようにしています。
普通はダード1個で500ml分のブロードができますが、私は1個に対して900mlの水を使って薄味にしています。
b0120269_2132370.jpg

今回は畑で採れたブロッコリーをメインに。
ブロッコリーはうかうかしていると花が咲いてしまうので、収穫できそうなものはすぐに摘み取り、冷凍保存することにしました。

料理雑誌で読みましたが、粟は中世の時代のヨーロッパでは盛んに栽培され食べられていたそうです。近年では影がうすい食材になってしまいましたけどね。たんぱく質や鉄分が豊富なので、特にベジタリアンや高齢者の方は積極的に食べると良いそうですよ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


雨の日が続いています。これから数日も怪しげな天気が続くもよう。
今週末は地元でマラソン大会があるんですけどね。
晴れるかなぁ。子供達とパパが楽しみにしてますが・・・



ランキングに参加中
応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

どうもありがとう!
[PR]
トラックバックURL : http://olivolivo.exblog.jp/tb/20119886
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by la_mia_coccolina at 2013-03-07 21:48
Yukakoさん、こんばんは^^
ちょうど今お腹の調子が今一つなので、こういう滋味深い、優しいお味がいつもにも増して魅力的です♡
お野菜も柔らかく煮えていて本当に美味しそう。
粟は体に良いのですものね。こうしてお話を聞くともっと普段の食事に取り入れようと思いました。
ミリオット、今度作ってみよう♪
Commented at 2013-03-07 23:59
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by evecookymama at 2013-03-08 03:43
最近、教室の時間の後のお昼ご飯の時間が不規則で・・少し胃が・・ミオリットとは未だ未経験ですが・・おいしそう~
リゾット、おじや・・好きなんです。
Commented by paloise at 2013-03-08 04:29
粟を「栗」と読み違えてしばらく首を捻っていました^^;
粟は胃に優しいのですね。
我が夫も胃腸が弱いので「ミリオット」、作ってみます♪
そういえば麦コーヒーは見つからず・・・
チコリとかコーヒー豆と混ぜたものしか売っていなくって、
あるお店で店員さんに伺ったら「戦時中には飲んだって
いうけどね・・・」と言われました(涙)
Commented by Bolognamica at 2013-03-08 08:24
Yukakoさん、こんばんは!
ミリオットって初めて聞くな~と思って記事に食いついてしまいました^^
なるほど、粟ですか~これは冬場にもってこいのメニューですね。胃にも良さそうだし、身体も温まりそう♪
そして何よりお野菜がたっぷりとれますね!

ダ―ド、私もあんまり普段は使わないのですが、最近少し必要になって買ったばかりでした。
Bioのものがあるんですね~あぁ・・気づかなくて普通のを買ってしまいました。水分量増やして薄味にするってのもいいですね。
パパさんの胃腸、早く良くなるといいですね!
Commented by jimiko13 at 2013-03-08 11:41
Yukakoさん こんにちは~♪

リゾで作るからリゾットなんですかぁ~
今度知ったかぶって家族に言ってみよっと(笑)
Commented by olivolivo at 2013-03-08 19:12
☆coccolinaさん
こんにちは~
イタリアでもかなりマイナーな料理ではありますが、優しい味でこれがまたなかなか美味しいんですよ。胃腸を休めたいときにはおすすめです。
Commented by olivolivo at 2013-03-08 19:15
☆鍵コメちゃん
大丈夫?!
その症状、妊婦時代を思い出すわ。つらいよね。早く治りますように。
Commented by olivolivo at 2013-03-08 19:16
☆eveさん
まさにおじや系です。eveさんにも気に入ってもらえるかも。
Commented by olivolivo at 2013-03-08 19:19
☆paloiseさん
胃腸が弱いのであれば、是非お試しくださいな。
麦コーヒー、そうそう、これって戦時中によく飲んでいたものらしいですね。私の義父も「戦争を思い出すから飲みたくない」と言っていたのを聞いたことがあります。(笑)
Commented by olivolivo at 2013-03-08 19:31
☆みかりんちゃん
こんにちは~
最近またパパが食事に気をつかい始めたので、うちではしょっちゅうミリオット食べてます。
ブロード、以前は缶入りの粉末のブロードですごくおいしいのがあって(メーカー名ど忘れ・・汗)、そればかり使っていたのだけど知らぬ間にスーパーから消えてしまって、今はこのstarのBioのdadoを使ってます。
パパの胃腸は完治するのはなかなか難しいらしいなのだけど、食事に気をつけて、せめて症状を悪化させないようにしなければと思う毎日です。
Commented by olivolivo at 2013-03-08 19:32
☆jimikoさん
こんにちは~
そうなんです。リゾだからリゾット!ぜひ教えてあげてください!!(笑)
Commented by みけ at 2013-03-08 23:09 x
Yukakoさん、こんにちは~☆
すんごく身体に優しそうなごはんでつね(≧ω≦)
ミラノの近くでヨダレたらしてるひとがここにもいますーハーイぼくでーす(堂々と
そうかぁ。リーゾだからリゾットなのかぁ!13年目にして初めて知ったわ!ww
愛のある温かいごちそうで、ご主人、早く良くなりますように☆
素敵な週末をお過ごしくだしゃい(・∀・)
Commented by maru at 2013-03-10 19:06 x
私もイタリア人夫とイタリアに住んで居ます。いつもレシピを参考にしています!夫も胃が弱く、、、というか、食べた後の胃の収まり具合で美味しいか不味いか決めるので、まさしくこのレシピは美味しくて身体に優しいので大好きです!ありがとうございます!ちなみに、昨晩の客人メニューは黒キャベツのペストに、カリフラワーのペシャメル、ブロッコリーのポルペッティ、そして仔牛の黒オリーブとプチトマトソースを作りました。皆美味しいと喜んでくれました! 感謝です。
Commented by tegiyuki at 2013-03-12 14:08
olivolivo さん、こんにちは^^

病み上がりの私が欲している感じです!
あ~誰か作ってくれないかしら。とても美味しそう。
そうそう一つ質問したいのですが、バニェットヴェルデと言う
ソースのレシピもしかしたらご存じないでしょうか?
Commented by olivolivo at 2013-03-12 19:16
☆みけちゃん
こんにちは~☆
またまたお返事が遅くなってごめんね。
これね、粟でなくて米で作ってもおいしいのよ。お米版は単なる野菜入りおかゆとも言う。(笑)
こんな病人食でよければ食べにいらして・・(笑)
Commented by olivolivo at 2013-03-12 19:26
☆maruさん
はじめまして。いつも読んでくださってどうもありがとう。
レシピお役に立ててもらえて嬉しいです。
ご主人様も胃にやさしい食事がお好きなのですね。胃に気をつかうイタリア人って案外いますよね。(私の周りにはたくさん・・笑)
あっさりしすぎていて普通にイタリア料理が好きな人には物足りない料理だろうな・・・と思いながらレシピをアップしているのですが、maruさんのように喜んでもらえる人がいて、本当に嬉しい!これからもどうぞよろしく。
Commented by olivolivo at 2013-03-12 19:42
☆tegiyukiさん
こんにちは。
お身体大丈夫ですか?
お近くだったら持っていってあげるのに~
バニェット・ヴェルデはこのブログでも紹介したことがあるサルサ・ヴェルデとほぼ同じイタリアンパセリのソースです。家庭によってもレシピが若干違ったりします。卵を入れなかったりね。
Commented by tegiyuki at 2013-03-13 08:54
olivolivo さん、有難う~

わ~名前が違っていてわからなかったけど、材料を見てみたら
コレです!コレ!!嬉しいです。
しかし。。。韓国にイタリアンパセリあるかしら。。。
探してみます^^

はい。元気になりました。
>お近くだったら持っていってあげるのに~
↑引っ越したいぃ~!!(笑)あ!でも本気^^

Commented by olivolivo at 2013-03-13 22:40
☆tegiyukiさん
イタリアンパセリは鉢植えでも簡単にわさわさ育つので、パセリから自家製ってのも良いと思いますよ~
私はそちらの美味しそうな韓国料理が食べたいっ!(笑)
Commented by s_helga at 2013-03-14 19:20
あー!そうなんですねっ!!
お米の事を“リゾ”と言う事は知っていたけど、不覚考えていなかったので『米なしリゾット』なんて、気持ち悪い言葉を使っていました。米なしならリゾットと言わないんですね〜。
なるほど、なるほど〜。賢くなった〜♪
Commented by olivolivo at 2013-03-14 22:20
☆s_helgaさん
リゾットという言葉が定着しているから、あまり考えないですよね。(笑)
私もこちらでオルゾットなるものを知ってから、初めて「ああ、そうなんだ」と思ったものです。(笑)
by olivolivo | 2013-03-07 21:10 | レシピ(プリモ) | Trackback | Comments(22)