トマトソース(バジリコ編)

b0120269_15442681.jpg

さて、大量のトマトちゃん、どうしましょう・・・
まずはトマトソースで消費です。

クオーレ・ディ・ブエは、果肉が厚く、皮が薄く、種が少ないため、
生食用にむいているトマト。
しかも、トマトの中ではお値段が高いときているので、イタリアでは
トマトソース用のために、わざわざこのトマトを買う人は、まず、いないと思います。
トマトソースには、またそれにあうトマトがありますしね。

でも我が家の場合は別。
とにかく早くなんとかしないとトマトが悪くなってしまいますから。
そんなわけで、クオーレ・ディ・ブエでちょっと贅沢なトマトソース。

【トマトソース(バジリコ編)】
◆レシピ◆
材料(4人分×2~3回分)
完熟のトマト 1kg、にんにく 1片、オリーブオイル 大さじ4
バジリコの葉 10枚、塩 小さじ1

◆作り方◆
①にんにくは薄皮をむいてみじん切り。
②トマトはヘタを取り、半分に切り、中の白くて硬い部分を取り除き、
 皮をむいたら、サイコロ状に小さく切る。
③鍋にオリーブオイルとにんにくを入れて弱火にかけ、にんにくから
 香りがでてきたら一旦火を止め、②のトマトと塩を加え、強火にかける。
 (汁が飛ぶので蓋をしてもよい。蓋は少しずらして鍋にかぶせること)
④③のトマトの形がなくなってきたら、弱火にして、水分がなくなり
 とろみがつくまで煮る。
⑤仕上げにバジリコの葉を小さく手でちぎって④に入れ、軽く混ぜ合わせて
 できあがり。

トマトの処理は、完熟のクオーレ・ディ・ブエは、皮がスルスルっと
簡単に剥けるので、私はひとつずつ皮を剥きました。
他のトマトを使う場合は湯剥きをしてもOKです。

今回使ったにんにくはこちら。
b0120269_15445553.jpg

昨年、ブログにアップしようと思って忘れてしまったニンニク。
これは、西リグーリアにあるヴェッサリコという村で作られたもの。
おいしいペスト・ジェノヴェーゼを作りたいなら、プラ産(ジェノヴァ県)のバジリコに
ヴェッサリコ産(インペリア県)のにんにくを使いなさいと言うくらい、
こちらでは名高いにんにくです。
これについてはまたそのうちに書きますね。 いつになるかわらないけどぉ~(笑)
b0120269_15454556.jpg

できあがったトマトソースは、トマトの適度な甘みと酸味が調和し、
ものすごーーーーく濃厚な味です! これぞ真のトマトソース!!

ちなみにトマトソースは、以前にもご紹介しています。
トマトソース(にんにく編)
トマトソース(たまねぎ編)
この夏はさらにトマトソースの研究に励む予定でーす。


ランキングに参加しています。
クリック↓して応援していただけると嬉しいです。どうぞよろしく♪
人気ブログランキングへ

どうもありがとう!
[PR]
by olivolivo | 2011-07-14 15:55 | レシピ(ソース)