ピッツァ・アンドレア

b0120269_515212.jpg

人の名がついたピッツァといえば、ナポリでマルゲリータ王妃のために作られた
というピッツァ・マルゲリータが代表的ですが、リグーリアのインペリアにも
マイナーではありますが、人名がついたピッツァがあります。

その名は、ピッツァ・アンドレア。
正確にはLa pizza all'Andrea(ピッツァ・アッランドレア)、またはこの地方の
方言でA piscialandrea(ピッシャランドレア)とも呼びます。
でも、カタカナで書くと読みにくいので、あえてピッツァ・アンドレアとしてみました。

イタリア語がわかる人には、この方言名のほうは、( ;゜Д゜))エエッ?と驚かれた方も
いるのでは?(笑)
インペリアの方言では、「ピッツァ」のことを「ピッシャ」と呼ぶのです。ピッシャ
(原形はpisciare)は「小便する」という意味。
要するにこのピッツァは「アンドレアにオシッコしろ!」という意味なんですね。(爆)

そのアンドレアさんとは、ルネッサンス期に活躍した、ジェノヴァ海軍提督
アンドレア・ドーリアで、彼のためにふるまわれたピッツァということで、この名が
ついたとされていますが、彼が生きていた時代は、トマトがヨーロッパへ伝わった頃
ではあるけど、この地方でトマト栽培がされていたかどうかは不明。
ちなみにトマトソースがかかったピッツァが生まれたのは、もっと後の1760年頃の
ようですから、写真のようなトマトソースのピッツァではなかったことだけは確か。
きっと、トマトなしだったか、使われていたとしてもソースになっていないトマトで、
ピッツァというよりは、もっとフォカッチャに近いものだったのではないかな・・・と、
私は想像しています。
と、ぐだぐだと書きましたが、とにかく現在のピッシャランドレアは、たまねぎ、
黒オリーブ、アンチョビ、にんにくがトッピングされたこんなピッツァ↓です。

【ピッツァ・アンドレア】
◆レシピ◆
材料(直径28センチの丸い型1枚分)
小麦粉 200g、ドライイースト 3.5g、オリーブオイル 大さじ1.5、塩 小さじ1
玉ねぎ入りトマトソース、にんにく 5片、アンチョビ(オイル漬け) 4枚、
黒オリーブ15個、ガス入りミネラルウォーター 約100ml(適当に調整してください)

◆作り方◆
①ボウルに小麦粉、イースト、オリーブオイル、塩、ミネラルウォーターを少しずつ
 加え、生地がまとまってきたら、ボウルから取り出し15分ほどよくこねる。
②丸くまとめて、大きめのボウルなどの中に入れ、ラップをして、暖かい場所に
 置いて約2時間。(1次発酵)
③生地がいい感じに膨れたらガス抜きして、天板全体に薄く伸ばして1時間ほど
 置く。(2次発酵)
④オーブンを200℃に温める。
⑤生地にトマトソースをぬり、小さくちぎったアンチョビ、オリーブ、薄皮がついた
 ままのにんにくをちりばめる。
⑥オーブンが温まったら、トッピングしたピッツァにオリーブオイルを軽く回しかけて
 (ソースがかかっていない端の部分にもオイルをつける)オーブンの中へ。
 こんがりと焼けたらできあがり。

黒オリーブはこの地方でとれるタッジャスカのオリーブ。種がついたまま乗せて
います。にんにくは薄皮をつけたままのせるのがポイント。これが独特な良い香りを
出してくれるのです。にんにくはサイズが大きければ半分くらいにカットして
乗せてもOKです。食べるときは、にんにくをよけて食べる人が多いですが、
お好きな人は食べちゃってもOK。
この他に乾燥オレガノをふりかけても良いのですが、今回はかけようと思って
いながら忘れてしまいました。

いつもパンやフォカッチャを作るときは、お気に入りの小麦粉を使うことが
多いのですが、最近イタリアの小麦粉を研究するべく、今までに使ったことの
ない粉を試しています。でも時間が経つとどのメーカーの粉を使ったか忘れて
しまうので(汗)、覚書のつもりで書いときます。

今回使った小麦粉は0番のマニトバを100%にしてみました。いままで00番の
小麦粉にマニトバを混ぜて作ることはあっても、100%にして作ったことは
なかったのですが、柔らかく、ふかふか、もちもちした、ピッツァの生地では
ありましたが、ちょっとだけ生地に弾力がありすぎるかなという気もしました。
これからも配合を変えていろいろ試してみようと思っています。


さて、イタリアでは夏から秋にかけて、サグラと呼ばれる収穫祭があちこちで
行われるのですが、昨日はサヴォーナ県のサレアという村のぶどうの収穫祭に
行ってきました。リグーリアの白ワイン、ピガート(Pigato)のぶどうのお祭りで、
この辺りで行われる村のサグラの中でも比較的規模が大きく、食事と、
当然ながらワインが美味しいので有名。
私達は、ブリッダ(干し鱈の煮込み)、イカリングフライ、揚げパン、ペストの
トロフィエなどを食べてきました。喉が渇いていたためビールを飲んでしまい、
肝心のピガートは飲まなかったのですけど。(汗) でもお目当てのあつあつの
揚げパンが食べれたので感激でした。この揚げパンもそのうち自分で作って
みるつもり。うまくできたらレシピアップしまーす♪


作りましたのご報告、どうもありがとう!
stella_cadenteさんが、「ルッコラのペスト」を作ってくれました。クセになりそう
 とのお褒めの言葉をいただきました♪ いつもどうもありがとう!


応援クリック↓していただけると嬉しいです。どうぞよろしく♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

どうもありがとう!
[PR]
トラックバックURL : http://olivolivo.exblog.jp/tb/11835419
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by moconail5ott at 2009-08-31 06:08
pisciare(小便する)で苦い経験(笑)。。。
いつも舅(口が悪い)がトイレに行く時pisciareを使っていたので
私も(2年前)「あっ、☆●ちゃんなら小便しに行ったよ」と
イタリア語で言ったら他のママ友が「誰がそんな言葉教えたの~」って
言われて初めてあまりいいお言葉ではないのね。。。って思いました。
インぺリアのピッツァにそんな由来のピッツァがあったなんて知りませんでした。シチリアーナみたいに塩っけの多いピッツァのようね。
ジェノヴァに関連したピッツァの種類があるのか知りたくなりました!
勉強になりましたよ!ありがとう~。

Commented by apolomama at 2009-08-31 11:41 x
面白い名前のピッツァがあるもんですね~
こんど友人に知ったかぶりで話してあげよう(笑)
でも、トッピングを考えただけでもおいしいのは間違いないです。
今度うちでも試してみようかな?
何だかもっとピッツァのこと知りたくなってきました。
では、応援ポチ!
Commented by suzu-kitchen at 2009-08-31 12:35
こんにちは。
何気ないピザにも誕生秘話があるんですね~
シンプルだけどとても美味しそうなピザという感じがします。
にんにくも薄皮つきなんですね...
揚げパンのレシピひそかに楽しみにしています♪
Commented by orange-chocolate2 at 2009-08-31 13:05
こんにちは。
変わった名前のピザ〜。
アンドレア=って叫んじゃいそう、(笑)
でもおいしそうでパクって食べちゃいたいな〜。
Commented by lulu_ruru at 2009-08-31 13:12
名前だけきくと普通っぽいけど、イタリア語の意味を知るとびっくりネーミングなんですね〜。面白い!
でもピッツアはすごくおいしそう!
ニンニクも薄皮付きで香りを出すとか、そんなコツがあるんですね。
あつあつの揚げパン!そちらのレシピ、私も楽しみにしています♪
Commented by kanakina at 2009-08-31 15:29
美味しそう~!方言での意味にビックリしたけど…。
アブルッツォの友達のお父さんが山にピザを焼く釜(って言うんでしたっけ?)を持っていて遊びに行った時に食べれる予定だったのですが雨で山に行けずでした:(次回は行けるといいなぁ。
Commented by olivolivo at 2009-08-31 17:08
☆モニカママちゃん
ピッシャはどちらかというと男子向けかもね。女の子はやっぱりピピのほうがかわいいわね。(笑)
アンチョビがのると、ちょっとしょっぱくなるけど、玉ねぎが入った甘みのあるトマトソースとは相性ばっちりで美味しいんだよー。
リグーリアは横に長いから同じ州でも食文化が微妙に違って面白いよね。
いつか私は本場のフォカッチャ・ディ・レッコを食べにいきたいわー。
Commented by poronliha at 2009-08-31 17:10
チーズのないピザって私の理想です!
にんにく薄皮つきっても意外~。名前もおもしろいし(笑)

なにしろフィンのピザってアメリカから来たようなチーズ大量でヘビーなのが主流ですから。イタリアのピザが恋しいです・・・・。
自分で作ることもありますが、やはりお店のようにおいしい生地に仕上げるのがむずかしい!
だけどこの組み合わせはすごくおいしそうなので、作ってみます!
Commented by olivolivo at 2009-08-31 17:12
☆apolomamaさん
面白いネーミングでしょ?ピッツァのネタのひとつとして話題にしてみてね。(笑)機会があったら是非たべてみてくださーい♪
いつも応援ありがとう!!
Commented by olivolivo at 2009-08-31 17:20
☆suzuさん
こんにちは。
何気なく食べているものの秘話を知るのもおもしろいですよね。
これはトッピングはシンプルだけど、香りがよくて美味しいピッツァなんですよー。
揚げパンレシピ、気長にお待ちくださいねー。(笑)
Commented by olivolivo at 2009-08-31 17:21
☆orange-chocolateさん
変わってるでしょ?イタリアでも無名なのでイタリア人も知らない人が多いと思いますー(笑)でもおいしいのよぉ~
Commented by tonkichi-UK at 2009-08-31 18:44
Yukakoさん、こんにちはー
トマトソース(玉ねぎ編)作りましたよぉー パスタで頂いたんですが、とってもおいしかったです♪ 残りは今日、チキン料理に使おうと思っているんですが・・・ピザもむちゃくちゃおいしそう~
またトマトソース作ってチャレンジしたいです★
Commented by cories at 2009-08-31 20:15
こんにちは。

マルゲリータさんより、アンドレアさんのピザのほうが好みかも!

ピザ生地、ガス入りウォーター使うんですね。ふむふむ。
お勉強になりました!
Commented by olivolivo at 2009-08-31 21:59
☆POTE。さん
ちょっとお下品なネーミングなので書こうかどうしようか迷ったんだけど、面白いと言ってもらえて書いたかいありました。(笑)
薄皮つきのにんにくの香りとっても食欲をそそる香りなのよ~。
揚げパンレシピ、アップできるようにがんばります!
Commented by olivolivo at 2009-08-31 22:18
☆kanakinaさん
釜で焼いたピッツァ、おいしそうですねー!!
次の機会は良いお天気に恵まれることを祈ってます♪
Commented by olivolivo at 2009-08-31 22:26
☆poronlihaさん
チーズが入るとどうしてもヘビーになっちゃいますね。
イタリアでもお店のピッツァと家庭で作るピッツァは違いますよ。家庭のオーブンだと高温にも限界がありますしね。やはり釜が違うから仕方ないです。でもおうちのピッツァはそれはそれなりに美味しいですけどね。
Commented by at 2009-09-01 05:45 x
これ、いいですね〜!で、私にとってはタイムリーでもあります。
実は今日、ラクトース不耐症の検査へ。見事、不耐症と判明したのでありました!
ここ数年、なんとなーくお腹の調子良くないな、と思っていたら、ラクトースのせいだったみたいです!(気づけよ、ですが)
なので、しばらく、乳製品は控えてみようかな、と思っていたのでした。

ピッシャ、笑った〜!
片言のイタリア語を話し始めた頃、capiamoを間違ってcapisciamoと言って笑われたことがあります。
Commented by olivolivo at 2009-09-01 16:34
☆tonkichiさん
おはよーございまーす♪
トマトソース作ってくれてありがとう!
おお、チキンと一緒に食べても美味しそうね!
いつもどうもありがとね~♪
Commented by olivolivo at 2009-09-01 16:38
☆coriesさん
おはようございまーす。
アンドレアさんはチーズが入らないからバクバクいけちゃいますよ。
ガス入りミネラルウォーターは、うちのパパが使うので私もこればかり使うようになりました。いい感じに発酵してくれますよー。
Commented by olivolivo at 2009-09-01 16:50
☆麻さん
あらあら、ラクトース不耐症ですか。それじゃ乳製品控えなきゃですね。
でも牛乳って本来は牛のためのお乳だから、人には合わないということも聞いたことあります。私も母乳をあげているときは、娘が湿疹だらけになって、ラクトのせいだと言われて、いつも豆乳やアカディでしたー。今でも乳製品は食べているけど、前に比べればかなり量は減ったかも。
ピッシャ、確かにcapireの活用はきわどいですね!(爆)
Commented by toro at 2009-09-01 22:39 x
昨日、トマトソース作りました。パスタに、このトマトソースをがーがーとのせ、チキンソーセージを添えました。すごく、おいしい、シンプルな分、トマトとタマネギの甘さがでて、感動ものでした。
うちの息子は、パスタは、ゆでたパスタに何もかけずたべるの男。
旦那とわたしで、トマトソースを全部たべてしまいました。
また、おいしいレシピ紹介してください。
Commented by ssk at 2009-09-02 09:45 x
はじめまして~。

ネ-ミングがとてもユニ-クなピッツァですね。
チ-ズが入らないピッツァは軽い感じがして
いつもよりたくさん戴けそうでいいですね。
パスタやピッツァのバリエ-ションはいろいろ
できお味に変化ができ大好きです。

リンク戴いてよろしいですか?
Commented by けい at 2009-09-02 21:49 x
Yukakoさん、こんにちは♪
恥ずかしながら、玉ねぎ入りトマトソースで
ピザを焼いてみました。
生地作りは初めてでこね方がちょっと甘かった感じですが
トマトソースはシンプルでおいしかったです。
トッピングは全然違いますが楽しく料理ができました。
ありがとうございました^^V
Commented by olivolivo at 2009-09-02 22:42
☆toroさん
トマトソース作ってくれてどうもありがとう!!嬉しいです!
煮込んだ玉ねぎの甘みって最高においしいですよね。
息子さんは、パスタはご飯感覚で食べるのね。イタリアの子供達もパスタにオリーブオイルだけの白いパスタが好きな子、結構多いんですよ。給食でもでるんです。(笑)
Commented by olivolivo at 2009-09-02 22:45
☆sskさん
はじめまして。
チーズが入らないと、重たくならない分、食べ過ぎてしまいそうです。(笑)
ピッツァはいろいろと具を変えてみるとおもしろいですね。
リンクどうもありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いします♪
Commented by olivolivo at 2009-09-02 22:52
☆けいさん
こんにちは。
トマトソース作ってくださってどうもありがとうございました。
ピッツァの生地作りは、慣れもあるので、やっていくうちにどんどんコツを覚えていくと思いますよー。
でも、楽しく、おいしくできてよかったです♪
こちらこそ、どうもありがとうございました。
Commented by Riccia at 2009-09-03 18:09 x
お久しぶりです。こんにちは!

このピザ、シンプルだけどおいしそう!にんにく大好きの主人は絶対気に入るはず!
最近ホームベーカリーを購入して、我家ではおうちでピザがブームなので、チャレンジしてみますね。
Commented by olivolivo at 2009-09-10 19:06
☆Ricciaさん
お返事がすごく遅くなってごめんなさい。
ピッツァ、チーズが入らない分、軽めなのでたくさん食べれちゃいますよー。ご主人様、にんにく大好きなら是非お試しを~!
ホームベーカリー、うちはもってないのー!いいなぁ~♪
by olivolivo | 2009-08-31 05:30 | レシピ(リグーリア料理) | Trackback | Comments(28)