ピッツァ・アンドレア

b0120269_515212.jpg

人の名がついたピッツァといえば、ナポリでマルゲリータ王妃のために作られた
というピッツァ・マルゲリータが代表的ですが、リグーリアのインペリアにも
マイナーではありますが、人名がついたピッツァがあります。

その名は、ピッツァ・アンドレア。
正確にはLa pizza all'Andrea(ピッツァ・アッランドレア)、またはこの地方の
方言でA piscialandrea(ピッシャランドレア)とも呼びます。
でも、カタカナで書くと読みにくいので、あえてピッツァ・アンドレアとしてみました。

イタリア語がわかる人には、この方言名のほうは、( ;゜Д゜))エエッ?と驚かれた方も
いるのでは?(笑)
インペリアの方言では、「ピッツァ」のことを「ピッシャ」と呼ぶのです。ピッシャ
(原形はpisciare)は「小便する」という意味。
要するにこのピッツァは「アンドレアにオシッコしろ!」という意味なんですね。(爆)

そのアンドレアさんとは、ルネッサンス期に活躍した、ジェノヴァ海軍提督
アンドレア・ドーリアで、彼のためにふるまわれたピッツァということで、この名が
ついたとされていますが、彼が生きていた時代は、トマトがヨーロッパへ伝わった頃
ではあるけど、この地方でトマト栽培がされていたかどうかは不明。
ちなみにトマトソースがかかったピッツァが生まれたのは、もっと後の1760年頃の
ようですから、写真のようなトマトソースのピッツァではなかったことだけは確か。
きっと、トマトなしだったか、使われていたとしてもソースになっていないトマトで、
ピッツァというよりは、もっとフォカッチャに近いものだったのではないかな・・・と、
私は想像しています。
と、ぐだぐだと書きましたが、とにかく現在のピッシャランドレアは、たまねぎ、
黒オリーブ、アンチョビ、にんにくがトッピングされたこんなピッツァ↓です。

【ピッツァ・アンドレア】
◆レシピ◆
材料(直径28センチの丸い型1枚分)
小麦粉 200g、ドライイースト 3.5g、オリーブオイル 大さじ1.5、塩 小さじ1
玉ねぎ入りトマトソース、にんにく 5片、アンチョビ(オイル漬け) 4枚、
黒オリーブ15個、ガス入りミネラルウォーター 約100ml(適当に調整してください)

◆作り方◆
①ボウルに小麦粉、イースト、オリーブオイル、塩、ミネラルウォーターを少しずつ
 加え、生地がまとまってきたら、ボウルから取り出し15分ほどよくこねる。
②丸くまとめて、大きめのボウルなどの中に入れ、ラップをして、暖かい場所に
 置いて約2時間。(1次発酵)
③生地がいい感じに膨れたらガス抜きして、天板全体に薄く伸ばして1時間ほど
 置く。(2次発酵)
④オーブンを200℃に温める。
⑤生地にトマトソースをぬり、小さくちぎったアンチョビ、オリーブ、薄皮がついた
 ままのにんにくをちりばめる。
⑥オーブンが温まったら、トッピングしたピッツァにオリーブオイルを軽く回しかけて
 (ソースがかかっていない端の部分にもオイルをつける)オーブンの中へ。
 こんがりと焼けたらできあがり。

黒オリーブはこの地方でとれるタッジャスカのオリーブ。種がついたまま乗せて
います。にんにくは薄皮をつけたままのせるのがポイント。これが独特な良い香りを
出してくれるのです。にんにくはサイズが大きければ半分くらいにカットして
乗せてもOKです。食べるときは、にんにくをよけて食べる人が多いですが、
お好きな人は食べちゃってもOK。
この他に乾燥オレガノをふりかけても良いのですが、今回はかけようと思って
いながら忘れてしまいました。

いつもパンやフォカッチャを作るときは、お気に入りの小麦粉を使うことが
多いのですが、最近イタリアの小麦粉を研究するべく、今までに使ったことの
ない粉を試しています。でも時間が経つとどのメーカーの粉を使ったか忘れて
しまうので(汗)、覚書のつもりで書いときます。

今回使った小麦粉は0番のマニトバを100%にしてみました。いままで00番の
小麦粉にマニトバを混ぜて作ることはあっても、100%にして作ったことは
なかったのですが、柔らかく、ふかふか、もちもちした、ピッツァの生地では
ありましたが、ちょっとだけ生地に弾力がありすぎるかなという気もしました。
これからも配合を変えていろいろ試してみようと思っています。


さて、イタリアでは夏から秋にかけて、サグラと呼ばれる収穫祭があちこちで
行われるのですが、昨日はサヴォーナ県のサレアという村のぶどうの収穫祭に
行ってきました。リグーリアの白ワイン、ピガート(Pigato)のぶどうのお祭りで、
この辺りで行われる村のサグラの中でも比較的規模が大きく、食事と、
当然ながらワインが美味しいので有名。
私達は、ブリッダ(干し鱈の煮込み)、イカリングフライ、揚げパン、ペストの
トロフィエなどを食べてきました。喉が渇いていたためビールを飲んでしまい、
肝心のピガートは飲まなかったのですけど。(汗) でもお目当てのあつあつの
揚げパンが食べれたので感激でした。この揚げパンもそのうち自分で作って
みるつもり。うまくできたらレシピアップしまーす♪


作りましたのご報告、どうもありがとう!
stella_cadenteさんが、「ルッコラのペスト」を作ってくれました。クセになりそう
 とのお褒めの言葉をいただきました♪ いつもどうもありがとう!


応援クリック↓していただけると嬉しいです。どうぞよろしく♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

どうもありがとう!
[PR]
by olivolivo | 2009-08-31 05:30 | レシピ(リグーリア料理)