「ほっ」と。キャンペーン

サルサ・ヴェルデ・ピエモンテーゼ

b0120269_7211594.jpg

ハーブの中でも私が特に大好きなイタリアンパセリちゃん。
うちでも育ててはいるけれど、先月種をまいたばかりでまだ小さいので、
ノンノの畑のわさわさと茂る立派なイタリアンパセリをもらってきました。
ちなみにこの束はきれいな葉だけを選別したもの。これぞDOP?(笑)

いつもはたくさんもらうと洗ってから冷凍してしまうのですが、
今回は美味しいソースに大変身♪
イタリアンパセリのソースといったら、もうこれしかありません!サルサ・ヴェルデ!

サルサ・ヴェルデは、ボッリートと呼ばれるお肉を煮込んだピエモンテ州の
郷土料理につけるソースとして名高い、その名のとおり
緑色(ヴェルデ)をしたソース(サルサ)。
いまではピエモンテだけに限らずイタリア全土で知られているソースです。
リグーリアはピエモンテのお隣ということだけあって、リグーリアのお料理にも
よく使われています。

作り方は各家庭によってもさまざま。
手っ取り早く作りたいなら、材料をすべてフードプロセッサーにかけて
ペースト状にすればOK。
でも今回は娘達にも手伝ってもらってルスティカ(田舎風)な作り方にしてみました。
その作り方とは・・・

刻む、刻む、ひたすら、刻む! (笑)

【サルサ・ヴェルデ・ピエモンテーゼ】
◆レシピ◆
材料
イタリアンパセリの葉、60g、アンチョビ(オイル漬け) 2枚、にんにく 1片
ケッパー(酢漬け) 大さじ1、ゆで卵の黄身のみ 1個、パンの柔らかい部分 15g
ワインビネガー 30ml、エキストラヴァージンオリーブオイル 80ml

◆作り方◆
①パンをワインビネガーに浸しておく。
②イタリアンパセリは水洗いして、葉の部分だけとり、水分をしっかりとふきとって
 細かくなるまで刻む。
③②にアンチョビ、ケッパー、にんにくを加えて、さらに刻む。
④③に①の酢に浸したパンを入れてよく混ぜる。
⑤ゆで卵の黄身を裏ごしして、④に加えてよく混ぜる。
⑥器に⑤を入れ、オリーブオイルを入れて混ぜ合わせてできあがり。

b0120269_727293.jpg

長女が使っているのは、メッザ・ルーナ(半月)と呼ばれる、みじん切り専用の包丁。
イタリアでは大体どこの家庭にもあるもので、切れ味よく、気持ちよくみじん切りが
できる優れモノ。

長女も次女も「わたしがやる===!」とメッザルーナの取り合いでして、
ケガでもしないかとハラハラしましたが、2人とも順番ずつに、
なかなかうまく刻んでいてビックリ☆
これはきっと、娘達の曾じいちゃん(ピエモンテ出身)の血筋かな。

b0120269_7302257.jpg

ソースにすると小さなココット皿に収まっちゃう量ですが、実は60gのパセリって
かなりの量なんですよ。サラダボウルにいっぱいくらいね。小さなスプーン1さじの
サルサでも中にはかなりの量のパセリが凝縮されているのです。
だからとっても美味しいけれど、食べすぎに注意!胃を壊しますから。
(私、経験者デス。(爆))
ちなみに小さな子供にもたくさんはあげないほうがよろしいそうです。by小児科医

b0120269_7311511.jpg

今回使ったお肉は、牛筋肉の塊と鶏のもも肉。これにお野菜はにんじん、
じゃがいも、玉ねぎ、セロリ、そして水と塩を加えて、圧力鍋で煮ること約1時間。
お肉がトロトロに柔らかくなりました。
お皿に盛り付け、サルサ・ヴェルデと一緒にいただきます。はっきり言って、
肉よりもソースのほうが手間がかかっています。(笑)

でも、手間をかけた料理というのは一際美味しく感じられるものですね。
フープロで作ったものよりもはるかに美味しい気がします。
娘達はほとんど食べないんだけど、またお手伝いして作ってもらおう。(笑)


作りましたのご報告、どうもありがとう!
モニカママちゃんが、「レモンカスタードのクロスタータ」「じゃがいもとハムの
 キッシュ」「ラグー・ジェノヴェーゼ」と、3品も作ってくれました。
 どうもありがとう~!旦那さまより最高の褒め言葉もいただき(笑)、とっても嬉しい
 限り。クロスタータの写真がすごく美味しそうなので皆さんもご覧くださいね~。
tonkichiさんが、「にんじんとルッコラのサラダ」を作ってくれました。ビールが
 すすみそうなワンプレート料理。サラダもきれいに盛り付けてもらえて幸せですー。
 いつもどうもありがとう!


応援クリック↓していただけると嬉しいです。どうぞよろしく♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

どうもありがとう!
[PR]
トラックバックURL : http://olivolivo.exblog.jp/tb/11336454
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by evecookymama at 2009-06-23 10:09
yukakoさん
サルサ・ヴェルデ・ピエモンテーゼ・・言いずらそうなことばを息子が何気に発音してくれました。イタリアンパセリこんな風な料理法があるんですねー( ..)φメモメモ。そしてメッザ・ルーナ興味津々です。
Commented by tonkichi-UK at 2009-06-23 14:44
yukakoさん、おはようございますー
グリーンが鮮やかでおいしそうなソース!
材料を読んでいてお味を想像しちゃいました。
・・・手がかかっているだけにおいしいんでしょうねー 
みじん切り用の半月型の包丁・・・使いこなすのが慣れるまで難しそうー お子さんたち、凄いですね!ロケットのサラダ、色合いがきれいでおいしくて(簡単で、笑)とっても気に入りました! 素敵なレシピをありがとうございますー。
Commented by acero195 at 2009-06-23 18:30
さすが、ハーブをよく使う国にはおいしいハーブ料理がありますねー。
今年は、バジリコの芽がひとつも出なかったので、ジェノヴェーゼはあきらめモード。
かわりに、レンズマメが花を咲かせそうです。意外と採れたらどうしよう♪
Commented by lulu_ruru at 2009-06-23 20:43
この半月型の包丁、テレビで見た事あります!イタリアでは一家に1つはあるものなんですね〜。子供達にやらせるのはかなりドキドキな感じだけど、上手に刻めちゃうなんてやはり料理上手の血筋なのかしら。
娘ちゃんが刻んでる写真ではイタリアンパセリがすごく大量なのに、出来上がりはココット皿に収まっちゃうなんて、手間がすごくかかってる感じが伝わってきます。
でも娘ちゃん達がまた手伝ってくれるなら頼もしいですね。
Commented by olivolivo at 2009-06-23 21:48
☆eveさん
イタリアでもピエモンテーゼはつけずにだたのサルサ・ヴェルデと呼んでいますが、サルサ・ヴェルデという名のソースはイタリア以外にもあるので、あえてピエモンテーゼとつけてみました。ちょっと読みずらいかな。すみませーん!(汗)
イタリアンパセリがこれでもかっというほどつまったソースです。
メッザルーナだと粉みじん切りがうまくできるんですよー。
Commented by olivolivo at 2009-06-23 22:05
☆tonkichiさん
こんにちは~♪
このソース、ほどよい酸味があって、塩茹でしたお肉との相性は、もう最高なんですよ。是非食べていただきたいわー!
半月包丁は、あの左右の動きが子供達には面白いみたいでした。(笑)
ルッコラとにんじんのサラダ、超簡単でしょ?(笑)本当にtonkichiさんにはたくさん作ってもらって、感激してます。こちらこそ、どうもありがとう。
Commented by olivolivo at 2009-06-23 22:08
☆aceroさん
はじめてこのソースを食べたときは感激したもんです。本当に美味しいのよ~。
バジリコ残念でしたね。種がいけなかったのかしら。でもバジルはすぐに育つからまたチャレンジしてみてはいかが?これから夏本番だしねー。
レンズマメを育てているの?すごいっ!!
Commented by olivolivo at 2009-06-23 22:18
☆POTE。さん
イタリアでは調理をするときは大きな包丁を使うよりも、それより小さめのナイフで切る人が多いの。でもさすがにみじん切りはナイフではできないからねぇ。(笑)そんなこともあってこんな半月包丁があるのかなぁなんて私は思うのですよ。
子供って見よう見まねで結構うまくできちゃうことってあるよね。パセリ刻んでいるときも、飛び散ったやつをきちんと集めてざくざく刻んでたのには驚いたわ。これからも刻み仕事は、子供達にお願いしようと思ってます。(笑)
Commented by suzu-kitchen at 2009-06-24 09:50
おはようございます。
このソース美味しそうですね~色々なお料理に合いそう。
でも食べすぎには注意なんですね...
このみじん切りの包丁いいですね~使ってみたい。
娘さんがお手伝いしたくなるのわかります。
Commented by at 2009-06-24 14:50 x
サルサ・ヴェルデ、ずっと気になっていながら、まだ作ったことがなかったんですよ。義母も作らないので、いまだ食べたことなし!
でもきっとおいしいでしょうね。この夏、チャレンジしてみます。

ところで、Yukakoさんのにんじんとアーモンドのケーキ、うちの定番になりましたが、この度、ちょっとした経緯でアレンジものが誕生しました。
こちらにリンクも入れさせていただきました♪
Commented by olivolivo at 2009-06-24 22:18
☆suzuさん
こんにちは。
このソースはお肉、お魚、お野菜と、幅広く使えるんです。
みじん切りの包丁は、うちのは大きめですが、もっと小さいのや、刃が2枚になっているものなど、いろいろあるんですよ。子供にとってはオモチャ感覚みたいです。(笑)
Commented by olivolivo at 2009-06-24 22:31
☆麻さん
これね、パセリの中に入ったビミョーな塩加減と酸っぱさ加減がとっても美味しいんですよ。よかったら是非試してみてね。
にんじんとアーモンドのケーキ、麻家で定番になってくれているなんて、とっても嬉しいです。どうもありがとう。リンクもありがとうございました~。
Commented by vruocculu at 2009-06-25 19:18 x
お久しぶりでございます。
!!! サルサ・ヴェルデ・ピエモンテーゼ!!
ありがとうございます!!
実は今朝、イタリア野菜を作ってる方から大量のイタリアンパセリを頂いたんです。。。。。我家には料理に使うくらいはあるのですが、売る程いただいちゃって(笑
そーですよね、サルサ・ベルデを作って、お料理に添えれば
いいんですよね。。。私ったらイタリアンパセリそのものを
どう料理しようかしら。。。なんてばっかり思っていて。。。
お恥ずかしい限り。。。。。(苦笑
Commented by olivolivo at 2009-06-25 21:01
☆vruocculuさん
こんにちは♪
パセリって、使う頻度は高くても、量はそんなに使わないですもんねー。大量にあるなら、是非是非サルサ・ヴェルデにしてみてくださーい。
by olivolivo | 2009-06-23 07:57 | レシピ(ソース) | Trackback | Comments(14)