ブラザートソースのパッパルデッレ

b0120269_23141019.jpg

先週の水曜日は義母様の70回目の誕生日。
私の義父母はハデなタイプではないので、これまで大げさに誕生会なんてことは
したことなかったのですが、今年は70歳ということもあり、義妹(パーティ好き一家)
が指揮をとり、彼女の家で盛大に誕生会♪

といっても、お料理を作るのはいつものように女性陣の分担ですよー。(;´д` )トホホ
今回、私はプリモの担当となったので、何を作ろうか悩んだ末、野菜のラザーニャ
と、ブラザート・アル・バローロをソースにしたパッパルデッレ(手打ち)を作ることに
決定。

出席者が大人12人+子供3人だと聞いたので、この人数だと、大量に1品を
作るよりも普段作る量で2品を作るほうがラクですからね。

ブラザート・アル・バローロは昨年もコチラで作りましたが、なんといっても素材が
特別なので、こういう行事にはピッタリ!

しかし、できあがったお料理の写真がありません!(汗)

プリモ担当のおかげで、アンティパストの後半あたりから準備をせねばならず、
バタバタしていて写真をとる余裕はまったくなかったのです。
そんなわけで、作業段階の写真のみで失礼。

b0120269_23181449.jpg

こちらはブラザートに使ったハーブ。ローズマリー、クローブ、ローリエ、
粉末のシナモン。

b0120269_2319485.jpg

お肉は、牛の肩の塊肉。素人の私は良い部分がよくわからないので、
これは専門家のパパに買ってきてもらいました。(笑)

b0120269_2319358.jpg

パンチェッタとバターで炒めたお肉に、ハーブ、小さく切ったセロリ、にんじん、
玉ねぎ、これらにバローロを惜しみなく(これ重要!(笑))そそぐ。

パスタは生地作りは私が作りましたが、切るのはパパにやってもらいました。

b0120269_23201449.jpg

あれ?パッパルデッレってもっと幅が広くなかった?
「みんな若くないから食べるの大変かと思って、細めのパッパルデッレにしといた」
byパパ。(爆)

ちょっと茹ですぎてしまったかなーという気もしましたが、皆には褒めてもらえました。

b0120269_23212753.jpg

ちなみにこちらはお子様達の特別テーブル。
この窓の外の眺めはこんな感じなんですよー。

b0120269_2321483.jpg

お天気もよくて、景色がいいでしょ?


実は、このブラザートよりも、野菜のラザーニャのほうが人気があったのですが、。
これはまたそのうちにご紹介しますね~♪


さて、先日、幼稚園に長女をお迎えにいったら、
入り口をはいって真正面の壁に、わが子が書いたと思われる作品を発見!



   ひ
   つ
   じ


こりゃ、うちの娘の作品以外誰でもないでしょ。
(実物をお見せできなくて残念です)

縦書きで画用紙のほぼ中央あたりに立派な「ひつじ」の文字。
でも、紙の端っこの右側に、横書きで小さく書いてある文字もある・・・よく見ると、

  ちず     

地図のことかな?と思い、長女に聞いてみた。

母: 「地図ってわかるの?」
長女: 「ちずじゃなくて、ちーず!」

(゜ロ゜;) そうだったか・・・ 横の棒がぬけていますね。(汗)
できれば、カタカナが書けるようになってから披露してもらいたかった・・・

そして、左端にも小さく文字が書いてある。

  よーよ

( ̄o ̄;) これは聞かなくともわかるよ。ヨーヨーと言いたいのだろ?

でも、なぜに、「ひつじ」と「ちず」と「よーよ」 なんでしょうか?(謎)

幼稚園の送迎時に、お友達のママさん達と会うと、必ずどういう意味かと聞かれる。
ひつじはペコラで、ちーずはフォルマッジョと、簡単に答えられるけど、
ヨーヨーはイタリア語でもYOYOなのに、毎回ジェスチャー付きで説明せねば
ならない母なのでした。( ̄_ ̄ i)


一生懸命説明する母に応援クリック↓ どうぞよろしく♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

どうもありがとう!
[PR]
by olivolivo | 2009-03-27 23:35 | 肉類